国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ディミトロフ「信じ続けた」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は3日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク78位のG・ディミトロフ(ブルガリア)が第3シードのR・フェデラー(スイス)を3-6, 6-4, 3-6, 6-4, 6-2の逆転で破り、大会初のベスト4進出を果たした。

>>ディミトロフら全米OP対戦表<<

通算対戦成績がフェデラーの7勝0敗で迎えたこの試合、ディミトロフはセットカウント1−2と追い込まれたものの、第4・ファイナルセットではファーストサービスが入った時に72パーセントの確率でポイントを獲得。全米オープン5度の制覇を誇る38歳のフェデラーを3時間12分の激闘の末に振り切った。

28歳のディミトロフは試合後の会見で準々決勝を振り返った。

「(これまでのフェデラーとの対戦と)全てが違った。違う状況、違うコート、大会の違うラウンド。とても多くのことが違った。正直、より試合に入っていた。どのポイントもどのゲームもより自分自身でいられた。これまでの彼との対戦はとても難しいものだった。コートに入るとすぐに火が付き、早い段階でブレークされていた」

「実際、今日もそれが起きていた。あのコートに立ったのは久しぶりだった。少し緊張もしたし、何とか調整しようとしていた。いくつかミスをしてはいたが、最初のポイントからとても心地よく感じていた。少ないもののチャンスはあった。自分がやっていることを信じ続けていたし、立てた戦術も信じていた。動きは本当に良かった。バックハンドも良い感触で打てていたし、ペースの変化も付けられた。唯一のことは、彼をできるだけコートにいさせることだった。それが上手くいった。長いゲームがたくさんあった。明らかに最後は彼のベストではなかった。掴んだチャンスは全て活かせたはず」

続けて「安定感が出てきた。これまでは負けるべきではない選手相手にタフな試合や接戦を落としてきた。そんな中でも、やっていることを信じ続け、練習を続け自分自身で上達させられるところは上達するように努め続けていた。できることは本当に良くコントロールできていた。それはとてもシンプルなことだと思う。時には最もシンプルなことは1番難しい。素敵な時間ではない。嘘をつくつもりはない。今日の試合も、ただ1つの試合にすぎなかった。失うものがないとは言いたくはない。特にこの2週間の準備、フィットネス、良い試合から今日の試合へ臨むにあたってできる限りの準備をして臨んだ。そうしようと努めていた。少しずつそれが形になっていったと思う」とコメントした。

四大大会初の決勝進出を狙うディミトロフは、準決勝で第5シードのD・メドヴェデフ(ロシア)と対戦する。両者は3度目の顔合わせで1勝1敗。メドヴェデフは準々決勝で第23シードのS・ワウリンカ(スイス)を下しての勝ち上がり。

「全米オープンテニス」
今年最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは果たして。晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継でお届け!

【放送予定】
8月26日(月)〜9月9日(月)連日独占生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 ジョコら楽天出場一覧
・ディミトロフ 亡き恩師へ感謝
・フェデラー「圭は危険な選手」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年9月4日16時55分)

その他のニュース

9月22日

ハレプ 思わぬ形でV「気の毒」 (12時40分)

全仏OP 新たに1選手が陽性に (11時32分)

【告知】錦織vsガリン (10時00分)

ジョコ 5年ぶり5度目のローマV (8時33分)

高3関東女子、重田夢亜が優勝 (6時49分)

高3関東男子、篠田玲が優勝 (6時44分)

9月21日

日比野菜緒、元世界3位破る (21時54分)

錦織 無観客は「集中できる」 (17時22分)

2連覇へ王手、元女王対決へ (15時59分)

全仏2020の賞金額を発表 (15時58分)

内山靖崇 全仏OP会場で練習 (15時27分)

錦織「今年の目標はない」 (11時26分)

熱戦制し今季3勝目に王手 (11時00分)

高3テニス 関東大会が開幕 (10時25分)

3時間超えの死闘制し決勝へ (7時54分)

全仏会場でコロナ陽性2選手 (6時52分)

ジョコ 10度目の決勝進出 (5時46分)

9月20日

ビッグ3から初勝利「最高」 (16時29分)

「憧れ」のディミトロフ下し4強 (14時52分)

メドヴェデフが第1シードで出場 (13時27分)

敗退のナダル「期待できない」 (11時20分)

好調アザレンカを破り4強へ (10時30分)

ジョコ 苦戦も7年連続4強入り (9時09分)

シュワルツマン4強へ ナダル破る (7時23分)

9月19日

錦織 初戦は世界21位と初対戦 (23時12分)

高3テニス大会 沖縄代表が決定 (21時20分)

逆転勝ちで6年ぶりに8強へ (16時31分)

8強ナダル 次戦はシュワルツマン (14時56分)

「キュッパーマルゴーのリキラケってなに?」 (13時29分)

ハレプ快勝、上位勢が8強入り (12時02分)

全国高3テニス 沖縄大会開催 (10時58分)

ジョコ 14年連続ローマ8強へ (9時30分)

錦織撃破の18歳 8強ならず (7時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!