単で敗退のペア 複で4強

ゲッティイメージズ
(左から)カラツェフとルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は14日、準々決勝が行われ、A・ルブレフ(ロシア)/ A・カラツェフ(ロシア)組がR・ボパンナ(インド)/ D・シャポバロフ(カナダ)組を6-4, 6-4のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>BNPパリバOP男女シングルス組み合わせ<<

この試合、ファーストサービスが入った時に87パーセントの高い確率でポイントを獲得したルブレフ/ カラツェフ組。リターンゲームでは5度のダブルフォルトを犯したポパンナ/ シャポバロフ組から4度のブレークに成功し、1時間7分で勝利した。

勝利したルブレフ/ カラツェフ組は準決勝でT・ポイツ(ドイツ)/ M・ヴィーナス(ニュージーランド)組と対戦する。ポイツ/ ヴィーナス組はK・クラビーツ(ドイツ)/ H・テカウ(ルーマニア)を6-4, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

ルブレフは11日に行われたシングルス3回戦で敗れベスト16進出を逃し、カラツェフは13日に行われた4回戦で敗れ8強入りを逃していた。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)~10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年10月15日17時09分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)