- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チチパス 躍進が下剋上5選に

ステファノス・チチパス
世界ランク15位のチチパス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニス協会のATP公式サイトは10日、2018年に行われたATPツアーから5つのアップセット(下剋上)を発表し、世界ランク15位のS・チチパス(ギリシャ)が躍進した8月のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)が選出された。

同大会の開幕時では19歳で世界ランク27位だったチチパスだが、初出場となったこの大会でD・ティーム(オーストリア)N・ジョコビッチ(セルビア)A・ズベレフ(ドイツ)K・アンダーソン(南アフリカ)を破り、大きく飛躍することになる。

1回戦で当時世界ランク24位のD・ズムル(ボスニア)を6-3, 7-6 (7-3)で破ると、2回戦ではティームを6-3, 7-6 (8-6)で下し、ジョコビッチの待つ3回戦へ。

初の顔合わせとなったジョコビッチ戦では11度のサービスエースを奪うなど、ファーストサービスが入ったときに84パーセントの確率でポイントを獲得。6-3, 6-7 (5-7), 6-3でベスト8進出を果たした。

4強入りをかけてズベレフと対戦したチチパスは、第1セットを落としたものの第2・ファイナルセットを奪い、2時間28分で勝利。「ATPマスターズ1000」で初の準決勝へ駒を進めた。チチパスは試合後「予期していなかった。成績が出るのは、もっと時間がかかると思っていた」と驚きを語っている。

初の決勝進出をかけて、準決勝ではそれまで1勝0敗と勝ち越していたアンダーソンと対戦。一時マッチポイントを握られたが6-7 (4-7), 6-4, 7-6 (9-7)の逆転で下し、ツアー初優勝に王手をかけた。

4月に行われたバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)決勝以来2度目の顔合わせ、そしてチチパスにとって20歳の誕生日に行われた決勝のナダル戦では、第1セットを2-6で落とし、後が無くなる。第2セットではタイブレークへと突入するが、1時間42分で力尽き、「ATPマスターズ1000」初の準優勝となった。

決勝後、チチパスは「ナダルの辛抱強さは驚くべきものだった。彼は崩れることがなかった。常にブルドッグのように掴んだら離さないし、コートの上で対戦相手を苦しめ続けている。彼と対戦するとそう感じてしまう。だから自分はもっと努力が必要だし、いつか彼のレベルにたどり着きたい」

「今年もっと多くのことを成し遂げられると信じている。今日は負けてしまったが、今の自分のテニスでもトップ選手を倒せると感じている」と話した。

その後、チチパスは10月のイントゥルム・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内 ハード、ATP250)決勝でE・ガルビス(ラトビア)をストレートで破り、ギリシャ人として悲願のツアー初優勝を果たした。チチパスは「とても、とても特別なこと」と語った。

今後は、2019年1月6日に開幕するシドニー国際(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)に出場予定。

また、ATPが選出したその他のアップセットは10月のスイス・インドア・バーゼル(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)2回戦と準決勝でM・コピル(ルーマニア)M・チリッチ(クロアチア)とズベレフを破った活躍。4月のハッサン2世グランプリ(モロッコ/マラケシュ、クレー、ATP250)で当時世界ランク617位のL・オウアハブ(モロッコ)が第3シードのP・コールシュライバー(ドイツ)に勝利した試合。

そして、6月のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)決勝でR・フェデラー(スイス)を下したB・チョリッチ(クロアチア)、3月に行われたマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)1回戦でT・コキナキス(オーストラリア)がフェデラーを破った1戦が選ばれている。

錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」
右手首の故障からの復活、そしてトップ10へ返り咲いた日本のエース錦織圭。2019年、まだ見ぬ頂を目指す彼の強さ、そして想いを描き出す。



【放送予定】
12月15日(土)よる6:00
■詳細・配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・チチパス「彼はブルドッグ」
・チチパスNext Gen2代目王者
・デ ミナーらシドニー国際出場一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月11日21時05分)

その他のニュース

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【告知】大坂vsトモワ (17時24分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

9月14日

錦織らトップ10が勢揃い (20時45分)

東レ予選1回戦、日本勢結果 (19時02分)

22年ぶり 決勝で日本人対決 (18時23分)

大坂「チャンス与えたい」 (17時42分)

大坂ら 東レ組み合わせ発表 (16時35分)

ダニエル太郎 4強入りならず (13時37分)

大坂 東レ会場で練習 (12時38分)

杉田、内山が4強入り (11時43分)

ヒューイットが寄付呼びかけ (10時14分)

土居、日比野が準決勝に登場 (8時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!