- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

穂積絵莉インタビュー 第1弾

穂積絵莉
インタビューに応じた穂積絵莉
画像提供: tennis365.net
女子テニスで世界ランク172位の穂積絵莉は13日、tennis365.netのインタビューに応じ、2017年を振り返った。

【2017年は手応えを掴めた】

今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、穂積はシングルスで予選3試合を勝ち抜いて四大大会初の本戦出場。加藤未唯とのダブルスでは、日本人ペアで大会初の4強入りを果たす快進撃を見せた。

好スタートを切った穂積だったが、シーズン中盤では早期敗退が続くなど苦しい時期が続いた。

「自分の中でテニスと結果がかみ合わなかった時が長かった」と口にした穂積は、世界ランキングが後退したことで全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)のシングルスに出場することができなかった。

しかし、そんな中でも「しっかりモチベーションは保ちつつ、いい練習をしていました」と話した穂積は全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)のシングルス予選に出場。ハワイ・オープン(アメリカ/ホノルル、ハード、WTA125K)では当時世界ランク36位のザン・シュアイ(中国)を相手にフルセットの接戦を演じ、ダブルスは準優勝を飾った。

「次のシーズンに向けて、自分でこれはもっともっと上にいけると手応えを掴めたので、すごくいいシーズンだったと思います」


【全豪複4強の反響】

全豪オープンのダブルス4強入りは日本人ペアで初、四大大会では2002年の杉山愛/ 藤原里華組以来15年ぶりの快挙となった。

穂積は「みんなから『おめでとう』と連絡をいただき、いつも応援してくれる方々が祝勝会を開いてくださったり。それが本当に嬉しかったです」と当時を振り返った。

また「ダブルスで少しずつ勝てるようになり、他の選手やダブルスのトップ選手の方は結構顔を覚えてくれました。練習に誘ってもらったりすることも増えて、すごく嬉しかったです。(会場で会ったら)挨拶したりとか『元気?』って話をしたりとか」と全豪オープン後の反響を明かした。

さらにダブルスでの好成績がシングルスにもいい影響をもたらしたと明かした。

「格上の選手と試合をする時は『ゲームを取れるかな』というような気持ちになってしまいがちですが、想像していなかったダブルスベスト4という結果を出せた時に以外と実力的には差がないと思いました」

「ダブルスがそうなら、シングルスでも一緒なんだと思いました。ハワイ・オープンのシングルスで縮こまることなく自分の力を出していこうと思えたのは、ダブルスの結果がついてきたからなのかなと思います」


【2017年のベストマッチ】

穂積は初の四大大会本戦入りをかけた全豪オープン予選決勝をあげた。この試合は、V・トモバ(ブルガリア)を7-5, 6-2のストレートで下し、念願のグランドスラム本戦への切符を手にした。

「予選を勝ち上がりたかった。もちろん本戦ストレートインも大事なことですが、選手全員が目指している舞台で誰もが本戦で戦いたくて、すごく必死な人たちのなかで3回勝つのは本当に厳しいです」

「勝った瞬間は一生忘れないと思います。思い出しただけでも興奮するくらい、あの試合は印象に残っています」


【自身の課題について】

積極的に攻めていくことが自身の武器と話した穂積は「相手に攻められた時、ディフェンスからオフェンスに転じるプレーが今は少なく、どちらかというとディフェンスが私の弱点です」と課題をあげた。

改善に向けては「世界は自分より大きい選手が多いので、パワーで押された時もディフェンスフェンスから攻めに転じるプレーを1つでも多く増やしたいです」と穂積は述べた。

穂積のインタビュー第2弾は、オフの過ごし方やダブルスのパートナーである加藤との関係に迫る。






■関連ニュース■ 

・日本人ペアで史上初全豪4強
・穂積/加藤「あと一歩だった」
・穂積/加藤 課題は「個々の力」
(2017年12月21日14時14分)

その他のニュース

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

2月18日

16歳新星、深夜3時の激闘制す (18時56分)

クレーで初のチャレンジ導入 (16時55分)

ガスケ撃破 21歳が熱戦制す (16時46分)

韓国クォン 逆転で初戦突破 (16時00分)

ナカシマ、ツアー本戦初勝利 (15時09分)

主審に激怒、荒れた試合展開に (12時26分)

二宮組 ハレプ組破り初戦突破 (11時45分)

元世界1位 現役復帰戦は黒星 (11時40分)

錦織30位 綿貫ジャンプアップ (11時02分)

西岡良仁 3年ぶりに初戦突破 (10時05分)

【1ポイント速報】西岡vsミルマン (8時10分)

内山 デルレイビーチ初戦敗退 (8時00分)

2月17日

膝の痛みでサングレン欠場へ (19時05分)

ティーム全豪は「地獄の2週間」 (18時05分)

チチパス 今季初Vと連覇狙う (17時02分)

青山/ 柴原V キャリア3勝目 (16時57分)

初Vエドモンド「大きな意味」 (15時13分)

完勝で2連覇「本当に幸せ」 (14時20分)

大坂なおみ 変わらず10位 (11時14分)

錦織 世界ランク30位へ後退 (9時26分)

綿貫陽介 決勝で敗れ準V (6時36分)

モンフィス連覇 2週連続V (6時14分)

21歳ルードがツアー初V (5時54分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!