- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

日本人ペアで史上初全豪4強

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日、女子ダブルス準々決勝が行われ、日本人のペアで史上初の4強入りを果たした穂積絵莉/ 加藤未唯組が、試合後の会見で「すごく嬉しい」と喜びを語った。

この日、穂積/ 加藤組は今大会のシングルスでベスト8へ進出している34歳のM・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)と、シングルスで元世界ランク9位のA・ペトコビッチ(ドイツ)を6-3, 6-3のストレートで下し、日本人のペアで全豪オープンでは史上初、四大大会では2002年の杉山愛/ 藤原里華組以来15年ぶりの快挙を成し遂げた。

穂積は「本当に自分たちもびっくり。今日は自分たちのプレーが出来れば、チャンスはあると思っていました」と述べ、加藤は「引かず、積極的に仕掛けられた」と振り返った。



穂積絵莉


「ストロークがしっかりしているという情報があったので、自分が良くない時は引いてしまう。今日は、どれだけ打たれてもしっかり打ち返していこうと決めていました。グランドスラムの準々決勝だからというのはなく、自分たちが出来ることを全力でやろうと(加藤と)話をしていました」と穂積は勝因を語った。



加藤未唯


加藤は「楽しみながらプレー出来ればという気持ちでした」と加えた。

四大大会において日本人のペアで史上初の決勝進出に向け、準決勝では昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で優勝を果たしている第2シードのB・マテック=サンズ(アメリカ)/ L・サファロバ(チェコ共和国)組と対戦する。



穂積絵莉


穂積は、以前にM・ヒンギス(スイス)/ S・ミルザ(インド)に敗れた際「今まで強い人たちと当たる時、名前負けしてしまった。当たる前から引いてしまう部分がある」という反省から「絶対に自分たちが引かずに、いいプレーを出来るようにして、勝ちにいきたいと思います」と意気込んだ。



加藤未唯


加藤は「チャレンジャーとして気持ちでは引かず、勝ちにいくことを忘れずいきたいと思います」と宣言。






■関連ニュース■ 

・フェデラー「圭は素晴らしい」
・マレー敗退 錦織チャンスあった
・フェデラー 錦織絶賛「素早い」
(2017年1月24日15時57分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!