- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大金星で「ジョコごめん」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は19日、男子シングルス2回戦が行われ、3連覇と7度目の優勝を狙っていた第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-6 (10-8), 5-7, 2-6, 7-6 (7-5), 6-4のフルセットで破る大金星をあげた世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)が、試合後のオンコートインタビューで「ジョコビッチ、ごめんなさい。人生で最高の勝利」と喜びを語った。

>>錦織vsラコ 1ポイント速報<<

>>全豪OP 対戦表<<

この日、全豪オープンを6度制している元王者のジョコビッチを4時間48分で破った30歳のイストミンは「今日のテニスはすごかった。自分でもびっくりしている。コーチのママ、応援してくれた皆、ありがとう。自分でも気持ちのコントロールが出来ない。このレベルでテニスが出来ることに自信がついた」と驚きを隠せていなかった。

これまでイストミンはツアー1勝、世界ランキングの自己最高は2012年の33位。

3回戦では第30シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。カレノ=ブスタは2回戦でK・エドモンド(英国)をストレートで下しての勝ち上がり。

一方、大波乱に見舞われたジョコビッチは、初戦敗退を喫した2006年以来11年ぶりに全豪オープンで3回戦を前に姿を消した。

全豪オープンでは2008・2011・2012・2013・2015・2016年に優勝している。

今シーズンは開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ 、ハード、ATP250)決勝で世界ランク1位のA・マレー(英国)を下して2連覇を果たし、今大会に臨んでいた。






■関連ニュース■ 

・錦織 フェデラー戦「楽しみ」
・錦織ブロックのシード敗退
・錦織 フェデラーら死ブロックに
(2017年1月19日18時06分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!