- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

八百長発覚で7年間出場停止

ニック・リンダール
ブリスベン国際2010時のリンダール
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスから汚職や八百長などの不正行為を排除するために設置されたテニス保全団体のTIUは9日、オーストラリア人3選手に対して、ツアー下部大会出場中に不正行為が認められたとし、各選手へ下した処分を発表した。

N・リンダール(オーストラリア)は、7年間の出場停止処分と35,000ドル(約403万円)の罰金、B・ウォーキン(オーストラリア)には6ヶ月の出場停止処分、I・フロスト(オーストラリア)にはTIUの調査に協力しなかった事に対して11ヶ月の出場停止処分が下された。

この3選手には、2013年9月にオーストラリアはクィーンズランド州トゥーウーンバで開催されたITF管轄のフューチャーズ大会で不正行為があったことが確認されている。

TIUによる調査と共に、独立してテニス界の腐敗防止に向けて審査をしているR・マクラーレン審査官による公聴会の結果によってこの処分が決められた。

世界ランクで自己最高位187位を記録したリンダールは、全てのプロテニスに関することに7年間携わることができず、加えて35,000ドルの罰金が科された。大会の結果を故意に操作した事に対して処罰が下され、さらにTIUの調査に協力しなかった事案も加えられた。

リンダールは、試合に負けることで代わりに現金を受け取る約束をしていた。2013年10月、彼はTIUから要求があった自身が使用していた携帯電話の提示を拒否していた。いずれもテニス腐敗防止プログラムに違反するものだった。

現在28歳のリンダールは2013年をもって引退してはいるものの、今回の処分によりその後7年間は復帰の道が閉ざされることとなった。同時にその期間は、公的テニス組織が主催するテニス大会やイベントへの参加、観戦も禁止されている。

他の2人もリンダールの不正行為に関与したことが、マクラーレン審査官によって明らかとなった。

現在22歳で、世界ランク1,067位のウォーキンも、試合結果を故意に操作した行為に対しての処分となった。ウォーキンには6ヶ月の出場停止処分が下され、その期間でそれ以上の違反行為が認められていないため、現在はプロとしての活動に制限は科されていない。

また、現在28歳で世界ランク1,515位のフロストは、調査期間中に、自身の携帯電話を分析するためにTIUへの提示を求められたが、それを拒否したことに対しての処分だった。

フロストは、2013年10月3日から2014年9月4日までの出場停止処分が下されていたが、マクラーレン審査官は、それ以上の処分や罰金は科されないとしている。そのため、現在はプロとしての活動に制限は科されていない。

TIUは、テニス界の腐敗行為撲滅を目指すグランドスラムの役員、ITF、男子プロテニス協会のATP、女子プロテニス協会のWTAによって発案された組織である。






■関連ニュース■ 

・ロディック 八百長は明るみに
・ジョコ 八百長の誘いあった
・フェデラー 八百長に憤り
(2017年1月10日22時00分)

その他のニュース

9月24日

【速報中】東レPPO 決勝 (12時00分)

フェデラー/ナダル組が勝利 (11時31分)

ペール 今季初の決勝進出 (10時05分)

第1シード下し大会初V王手 (8時30分)

9月23日

フェデラー快勝、欧州リード (21時57分)

ムグルサ「決勝いきたかった」 (21時43分)

ウォズニアッキ 東レ連覇狙う (21時39分)

フェデラー/ナダル組が実現 (20時52分)

GAORA ナダルら出場大会を放送 (20時09分)

東レ複優勝「必ずまた来年」 (19時20分)

杉田ら成都OP組み合わせ発表 (18時19分)

「厳しい戦い」制し決勝進出 (17時34分)

ケルバー 勝利へ「少し」届かず (16時24分)

ウォズニアッキ 2年連続決勝へ (15時43分)

【1ポイント速報】ムグルサvsウォズニアッキ (15時42分)

ケルバー 後半反撃も力尽きる (14時20分)

【1ポイント速報】ケルバー 準決勝 (14時19分)

ナダル組敗退 レーバー杯結果 (14時02分)

amazonプライムで最終戦配信 (11時32分)

2時間超えの激闘の末に敗退 (11時12分)

9月22日

二宮組 惜敗で決勝進出ならず (23時07分)

【1ポイント速報】二宮組 準決勝 (23時05分)

ムグルサ 準決勝へ意気込み (21時59分)

昨年女王 思わぬ形で4強入り (21時31分)

ケルバー語る トップの重圧 (20時36分)

プリスコバ「僅かな差だった」 (19時14分)

ゴファン 初戦は元9位に苦戦 (18時35分)

女王ムグルサ 東レ3年ぶり4強 (18時24分)

【1ポイント速報】ムグルサvsガルシア (18時19分)

初日 ズベレフvsシャポバロフ (17時16分)

ケルバー、プリスコバ下す (16時47分)

岡垣、松本がスペイン初挑戦 (15時54分)

引退否定もツアー離脱を決断 (15時02分)

2時間超の接戦制し初4強 (14時54分)

テニスの日 9/23にイベント (14時03分)

伊藤竜馬 ストレート勝ちで4強 (13時01分)

ツォンガ 16本のエースで勝利 (11時09分)

昨年初Vも今年は初戦敗退 (7時53分)

9月21日

奈良/尾崎「次に繋がる試合」 (20時49分)

昨年女王 辛くも初戦突破 (20時04分)

世界7位コンタ 東レ初戦敗退 (19時13分)

セリーナ 男女差別の過去を激白 (18時09分)

日比野菜緒 全仏女王に敗れる (17時59分)

【1ポイント速報】日比野 2回戦 (17時58分)

奈良/尾崎組 東レ4強ならず (17時54分)

二宮真琴「思い切って出来た」 (17時07分)

ズベレフ兄 逆転勝ちで初戦突破 (16時32分)

コンタ 東レPPOへ意気込み (14時54分)

奈良くるみ 東レ初8強ならず (14時47分)

【1ポイント速報】奈良vsガルシア (14時45分)

二宮真琴組 シード破り4強 (13時48分)

フェデラーやナダルらが集結 (11時55分)

デ杯2018 組み合わせ一覧 (11時08分)

デ杯、日本は伊と岩手で対戦 (10時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!