- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 八百長の誘いあった

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/ メルボルン、ハード)は18日、男子シングルスで2連覇を狙う第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が好発進する中、八百長疑惑に覆われる日にもなった。

>>全豪オープン対戦表<<

6度目の優勝を狙うジョコビッチの初戦の開始数時間前に、BBCとバズフィード・ニュースがテニス界で過去に八百長疑惑があったことを公にしていた。

選手の個人名は明かされてはいないものの、16名のトップ選手に疑惑が何度かかけられつつも制裁措置などはとられていないとのこと。その報告によると、半分の選手は今年の全豪オープンに出場しているという。

プロテニス界を統括している組織とテニス腐敗防止委員会は共同で声明文を出しており、男子プロテニス協会であるATPのC・カーモード会長が大会会場で急遽召集された記者会見の席で読み上げた。

カーモード会長は「テニス当局は、何らかの理由で八百長の証拠がおさえられたり、調査されなかったという疑いを否定している。」と語っていた。

2007年、ジョコビッチはロシアのサンクトペテルブルグの大会前に、何らかのアプローチがあったことについての質問に答えていた。

「あの時、自分のチームにいて一緒に練習していた人を通してアプローチされた。もちろん、そんなことはすぐに一蹴した。直接自分のところまで来なかった。自分と直接話をしようとした人物は、結局自分と直接会うことはなかった。だから何もなかったんだ。」

「あの頃、残念ながら噂や話があった。何人かが絡んでいたようだ。この6・7年はそのような話は聞いたことがない。」

その頃ジョコビッチは、ツアーでも成長株だった。現在持つ10度のグランドスラム優勝の最初のタイトル獲得となったのが、2008年の全豪オープンだった。

「嫌な思いをした。なぜなら、そんなことに関わりたくなかったから。誰かは良いチャンスだと思うかもしれない。でも自分にとってはスポーツマンらしからぬ行いだし、正直プロの世界では罪になるものだから。どんなスポーツでも、特にテニスでは、そんな行いをする余地がないと思っている。」

ジョコビッチは、そんな疑いのある試合は10年以上前のことで、今の現役選手は全く関わっていないと言う。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・フェデラー事件 大会に怒り
・錦織の天敵ペールが初戦敗退
・フェデラー1位 錦織は17位に
(2016年1月18日23時23分)

その他のニュース

2月23日

ラオニッチ、ソックら8強 (18時03分)

18歳の清水映里 ベスト8進出 (16時51分)

ティエム8強 大会初Vに前進 (14時25分)

17歳が第4シード下す金星 (13時28分)

21歳の新鋭 ペールに競り勝つ (12時52分)

西岡良仁 2年ぶり8強ならず (12時16分)

【1ポイント速報】西岡vsジョンソン (12時15分)

怒り爆発 壁にラケット刺さる (11時00分)

ケルバー 金メダリストに快勝 (9時00分)

キリオス 2連覇へ向け前進 (8時15分)

荒川晴菜ら シード勢8強 (7時05分)

2月22日

不調 3大会連続で初戦敗退 (21時44分)

錦織らシード初戦敗退の波乱 (21時02分)

綿貫陽介 シード逆転で破る (20時18分)

内山が8強、伊藤は途中棄権 (17時42分)

フェレール初戦敗退 今季3度目 (17時04分)

錦織破り金星ベルッチが喜び (15時07分)

大坂なおみと土居美咲は敗退 (12時59分)

ズベレフ 2週連続の初戦敗退 (12時03分)

錦織 不満爆発でラケット折る (11時33分)

【速報】錦織敗退 ラケット破壊 (8時59分)

【1ポイント速報】錦織vsベルッチ (8時58分)

2月21日

錦織出場 リオ無料ライブ配信 (22時01分)

錦織リオ入り 同日シード敗退 (21時25分)

伊藤竜馬、日本人対決制す (21時06分)

シモン 逆転で2年ぶり2回戦へ (20時16分)

守屋宏紀、初戦突破ならず (19時07分)

デルポ 今年初の公式戦へ (17時04分)

土居美咲 初の2回戦進出 (15時56分)

サンティラン晶 初勝利ならず (14時18分)

西岡良仁 2年ぶり初戦突破 (11時35分)

2月20日

錦織 リオ初戦は地元ベルッチ (21時18分)

綿貫陽介、接戦制し初戦突破 (19時18分)

早稲田大学庭球部の今後 (18時44分)

錦織撃破ドルゴポロフ50位へ (17時33分)

錦織5位 20日付世界ランク (15時05分)

ダニエル敗退 錦織第1シード (11時59分)

サンティラン晶 ベッカー破る (11時20分)

ハリソン、メンフィスで初V (10時51分)

ツォンガ逆転勝利 今季初V (8時19分)

大坂なおみが初戦突破 (5時32分)

【速報】錦織 今季初V逃す (3時57分)

【1ポイント速報】錦織vsドルゴポロフ (3時56分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!