- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織出場、最終戦の賞金は?

男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は14日、グループ・ジョン マッケンローの予選ラウンドロビンが行われ、第5シードの錦織圭が今年の全米オープンを制した第3シードのS・ワウリンカ(スイス)を6-2, 6-3のストレートで破り、初戦を白星で飾る好スタートを切った。今大会の賞金総額は7,500,000ドル(約7億9,000万円)。

>>錦織vsマレー1ポイント速報<<

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

ATPワールドツアー・ファイナルズは試合の勝敗に関係なく、出場するだけで179,000ドル(約1,900万円)の賞金が手に入る。補欠としてエントリーした選手も、100,000ドル(約1,060万円)が与えられる。

そこからは試合で勝利する毎に賞金が加算されていく仕組み。予選ラウンドロビンでは1勝する毎に179,000ドル(約1,900万円)、準決勝で勝利すると545,000ドル(約5,800万円)、決勝で勝利すると1,130,000ドル(約1億2,000万円)、全勝優勝を果たすと2,391,000ドル(約2億5,000万円)を手にする。

錦織がベスト4進出を果たした今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の賞金は、優勝すると3,500,000ドル(約3億7,000万円)、決勝進出で1,750,000ドル(約1億8,000万円)、準決勝進出で875,000ドル(約9,300万円)、本戦1回戦出場で43,313ドル(約460万円)。試合数などを考慮すると、ATPワールドツアー・ファイナルズの賞金は四大大会と比較しても高額になっている。

ATPワールドツアー・ファイナルズの賞金一覧は下記の通り。

【賞金総額】

7,500,000ドル/約7億9,000万円

※単複総額

【シングルス】

補欠:100,000ドル/約1,060万円

出場給:179,000ドル/約1,900万円

予選ラウンドロビン1勝:179,000ドル/約1,900万円

準決勝勝利:545,000ドル/約5,800万円

決勝勝利:1,130,000ドル/約1億2,000万円

全勝優勝:2,391,000ドル/約2億5,000万円

※11月13日の為替レート






■関連ニュース■ 

・錦織 ワウリンカに快勝
・ジョコ「出血を止めたかった」
・ジョコ 初戦は「イライラした」
(2016年11月15日19時01分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!