- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィンブルドン 男子歴代優勝者

6月27日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)。1877年から始まった最も歴史ある大会で、過去に有終の美を飾った選手を振り返る。

ウィンブルドンの男子シングルスではW・レンショー(英国)、P・サンプラス(アメリカ)R・フェデラー(スイス)の7度が歴代の最多優勝回数。

フェデラーは2003年から2007年で5連覇を達成しており、これは歴代の連続優勝回数で2位。1位はレンショーの6連覇となっている。

近年では2013年にA・マレー(英国)がフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝、2014・2015年はN・ジョコビッチ(セルビア)が連覇している。


【過去30年の歴代シングルス優勝者】

2015年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・フェデラー

2014年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・フェデラー

2013年
優勝:A・マレー
準優勝:N・ジョコビッチ

2012年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・マレー

2011年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・ナダル(スペイン)

2010年
優勝:R・ナダル
準優勝:T・ベルディヒ(チェコ共和国)

2009年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック(アメリカ)

2008年
優勝:R・ナダル
準優勝:R・フェデラー

2007年
優勝:R・フェデラー
準優勝:R・ナダル

2006年
優勝:R・フェデラー
準優勝:R・ナダル

2005年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック

2004年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック

2003年
優勝:R・フェデラー
準優勝:M・フィリプーシス(オーストラリア)

2002年
優勝:L・ヒューイット(オーストラリア)
準優勝:D・ナルバンディアン(アルゼンチン)

2001年
優勝:G・イバニセビッチ(クロアチア)
準優勝:P・ラフター(オーストラリア)

2000年
優勝:P・サンプラス
準優勝:P・ラフター

1999年
優勝:P・サンプラス
準優勝:A・アガシ(アメリカ)

1998年
優勝:P・サンプラス
準優勝:G・イバニセビッチ

1997年
優勝:P・サンプラス
準優勝:C・ピオリーヌ(フランス)

1996年
優勝:R・クライチェック(オランダ)
準優勝:M・ワシントン(アメリカ)

1995年
優勝:P・サンプラス
準優勝:Bo・ベッカー(ドイツ)

1994年
優勝:P・サンプラス
準優勝:G・イバニセビッチ

1993年
優勝:P・サンプラス
準優勝:J・クーリア(アメリカ)

1992年
優勝:A・アガシ
準優勝:G・イバニセビッチ

1991年
優勝:M・シュティヒ(ドイツ)
準優勝:Bo・ベッカー

1990年
優勝:S・エドバーグ(スウェーデン)
準優勝:Bo・ベッカー

1989年
優勝:Bo・ベッカー
準優勝:S・エドバーグ

1988年
優勝:S・エドバーグ
準優勝:Bo・ベッカー

1987年
優勝:P・キャッシュ(オーストラリア)
準優勝:I・レンドル(アメリカ)

1986年
優勝:Bo・ベッカー
準優勝:I・レンドル







■関連ニュース■ 

・ジョコvsフェデラー 優勝は?
・フェデラー圧巻 最多Vへ前進
・錦織4位 22歳ティエムが迫る
(2016年6月17日19時52分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!