- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィンブルドン 男子歴代優勝者

6月27日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)。1877年から始まった最も歴史ある大会で、過去に有終の美を飾った選手を振り返る。

ウィンブルドンの男子シングルスではW・レンショー(英国)、P・サンプラス(アメリカ)R・フェデラー(スイス)の7度が歴代の最多優勝回数。

フェデラーは2003年から2007年で5連覇を達成しており、これは歴代の連続優勝回数で2位。1位はレンショーの6連覇となっている。

近年では2013年にA・マレー(英国)がフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝、2014・2015年はN・ジョコビッチ(セルビア)が連覇している。


【過去30年の歴代シングルス優勝者】

2015年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・フェデラー

2014年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・フェデラー

2013年
優勝:A・マレー
準優勝:N・ジョコビッチ

2012年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・マレー

2011年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・ナダル(スペイン)

2010年
優勝:R・ナダル
準優勝:T・ベルディヒ(チェコ共和国)

2009年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック(アメリカ)

2008年
優勝:R・ナダル
準優勝:R・フェデラー

2007年
優勝:R・フェデラー
準優勝:R・ナダル

2006年
優勝:R・フェデラー
準優勝:R・ナダル

2005年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック

2004年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック

2003年
優勝:R・フェデラー
準優勝:M・フィリプーシス(オーストラリア)

2002年
優勝:L・ヒューイット(オーストラリア)
準優勝:D・ナルバンディアン(アルゼンチン)

2001年
優勝:G・イバニセビッチ(クロアチア)
準優勝:P・ラフター(オーストラリア)

2000年
優勝:P・サンプラス
準優勝:P・ラフター

1999年
優勝:P・サンプラス
準優勝:A・アガシ(アメリカ)

1998年
優勝:P・サンプラス
準優勝:G・イバニセビッチ

1997年
優勝:P・サンプラス
準優勝:C・ピオリーヌ(フランス)

1996年
優勝:R・クライチェック(オランダ)
準優勝:M・ワシントン(アメリカ)

1995年
優勝:P・サンプラス
準優勝:Bo・ベッカー(ドイツ)

1994年
優勝:P・サンプラス
準優勝:G・イバニセビッチ

1993年
優勝:P・サンプラス
準優勝:J・クーリア(アメリカ)

1992年
優勝:A・アガシ
準優勝:G・イバニセビッチ

1991年
優勝:M・シュティヒ(ドイツ)
準優勝:Bo・ベッカー

1990年
優勝:S・エドバーグ(スウェーデン)
準優勝:Bo・ベッカー

1989年
優勝:Bo・ベッカー
準優勝:S・エドバーグ

1988年
優勝:S・エドバーグ
準優勝:Bo・ベッカー

1987年
優勝:P・キャッシュ(オーストラリア)
準優勝:I・レンドル(アメリカ)

1986年
優勝:Bo・ベッカー
準優勝:I・レンドル







■関連ニュース■ 

・ジョコvsフェデラー 優勝は?
・フェデラー圧巻 最多Vへ前進
・錦織4位 22歳ティエムが迫る
(2016年6月17日19時52分)

その他のニュース

10月19日

清水悠太らスーパーJr8強 (22時28分)

杉田、苦戦も元世界8位を撃破 (21時03分)

【1ポイント速報】杉田vsバグダティス (21時00分)

連敗脱出 4年連続の準々決勝へ (17時51分)

珍事 猫がコート乱入で中断 (17時28分)

ダニエル太郎、綿貫陽介戦へ (17時07分)

【1ポイント速報】太郎vsマトセビッチ (17時06分)

19歳の綿貫陽介 海外CH初8強 (15時08分)

2017年は男子テニスが一変 (12時27分)

MPしのいで大会初8強 (11時13分)

キリオス初戦敗退 逆転許す (8時51分)

トップ4シードが初戦敗退 (7時55分)

マクラクラン組 逆転勝ちで8強 (7時16分)

10月18日

【1ポイント速報】マクラクラン 複1回戦 (22時10分)

守屋宏紀 元世界8位に敗れる (20時58分)

カープ女子 二宮真琴が始球式 (19時28分)

西岡ら主催のイベントが開催 (18時03分)

ジョコ、ズベレフらとジムへ (17時11分)

第1シード ケルバー初戦敗退 (16時16分)

レック興発、西郷幸奈と契約 (16時02分)

伊藤竜馬 第1シードに敗れる (14時45分)

ナダル 膝の負傷でスイス欠場 (12時12分)

19歳ルブレフ 予選勝者に敗れる (12時00分)

ラケット破壊 ペール初戦敗退 (10時32分)

杉田祐一 2回戦は元世界8位 (8時38分)

キリオス 芝開幕戦に出場 (7時28分)

10月17日

シャラポワ 前週Vも初戦敗退 (23時15分)

杉田祐一 大会初の2回戦進出 (21時06分)

【1ポイント速報】杉田vsイストミン (21時05分)

19歳綿貫陽介 海外CH初勝利 (17時15分)

21歳以下最終戦 2人目が確定 (16時49分)

ダニエル太郎 快勝で初戦突破 (14時36分)

エース15本放ち逆転勝利 (12時39分)

ファイナルズ 出場枠残り4つ (10時59分)

怪我でシーズン終了を報告 (9時23分)

清水悠太ら 本戦ドロー発表 (7時59分)

10月16日

杉田37位 日本勢世界ランク (21時08分)

デルポ 3年ぶりTOP20返り咲き (18時00分)

シャラポワ 復帰後Vで50位台へ (17時04分)

綿貫陽介 サンティラン下し本戦 (15時40分)

3時間超えの逆転勝利でV (13時03分)

錦織15位に後退 世界ランク (11時14分)

約6年ぶりにツアー優勝 (10時34分)

ナダル アジアシーズンに満足 (8時43分)

王座女子 早稲田が12連覇達成 (7時27分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!