- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田逆転 19歳若手下し本戦へ

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード)は11日、予選決勝が行われ、予選第13シードの添田豪(日本)が予選第2シードのH・チャン(韓国)を0-6, 7-5, 6-3の逆転で下し、2年ぶりの本戦出場を決めた。

>>上海マスターズ対戦表<<

両者は今年5月のルコック・ソウル・オープン決勝で対戦しており、その時も添田が逆転で下して今季初の優勝を飾っていた。

この試合、ファーストサービスが入ってもなかなかポイントに繋げられなかった添田は、3度のブレークを許して1ゲームも取れずに第1セットを落とす。

しかし、第2セットではファーストサービスが入った時に90パーセントと高い確率でポイントを獲得し、2度のブレークチャンスを全て活かしてこのセットを奪い返す。第3セットでも集中力を切らさず、3度のブレークに成功した添田が2時間2分で本戦入りを果たした。

本戦1回戦ではD・ゴファン(ベルギー)と対戦することが決まっている。

過去同大会で添田は、2012年にストレートイン、2013年は予選を勝ち上がり本戦に出場しているが、共に1回戦で敗れて2回戦進出を逃している。昨年は予選1回戦でJ・ダックワース(オーストラリア)にストレートで敗れて予選突破とはならなかった。

一方、添田に敗れて本戦出場を逃した19歳のチャンは、今後の活躍が期待されている注目の若手の1人。今年の全米オープン2回戦でS・ワウリンカ(スイス)と対戦し、ストレートで敗れるも3度のタイブレークにもつれ込む接戦を演じていた。

また、今大会には日本勢から錦織圭(日本)が第6シードとして出場しており、初戦となる2回戦でN・キリオス(オーストラリア)A・ハイデル=マウアー(オーストリア)の勝者と対戦する。


■関連ニュース■ 

・添田 軽いぼったくりに遭う
・添田豪 ドルゴポロフ破る
・19歳チャン、スタンに健闘
(2015年10月12日14時52分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!