- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国背負い 戦ったヒューイット

男子テニスの国別対抗戦であるデビスカップ準々決勝のオーストラリア対カザフスタン戦で、オーストラリアが1勝2敗で迎えた最終日にL・ヒューイット(オーストラリア)S・グロス(オーストラリア)がシングルスで勝利を飾り、大逆転で準決勝進出を決めた。

初日に行われたシングルスに登場したN・キリオス(オーストラリア)T・コキナキス(オーストラリア)はいずれも敗退。0勝2敗といきなり崖っぷちに立たされたオーストラリアは、2日目のダブルスでヒューイット/ グロス組が勝利を飾りオーストラリアの望みを繋いでいた。

最終日のリバースシングルスでは、キリオスに代わって出場したグロスがM・ククシュキン(カザフスタン)を6-3, 7-6 (8-6), 4-6, 7-6 (8-6)で退けて2勝2敗とすると、勝敗を決める最後のシングルスでコキナキスに代わって出場したヒューイットがA・ネドビエソッフ(カザフスタン)を7-6 (7-2), 6-2, 6-3で下した。

ヒューイットは、握ったマッチポイントでネドビエソッフのフォアハンドがアウトになるとコートに倒れ込み、初日のシングルスで敗退していたキリオスとコキナキスもコートに駆け込んでヒューイットと抱き合い勝利を喜んでいた。

「この対戦では我々にとって全てが上手くいったわけではなかった。挽回するしかなかったんだ。チームのみんなのため、そして国のために戦ったんだ。」と、来年の全豪オープンを最後に引退を表明している34歳のヒューイットは想いを語っていた。

オーストラリアは、準々決勝でフランスを下したイギリスと9月に行われる準決勝で対戦する。

オーストラリアが0勝2敗から逆転勝利を飾ったのは、1939年の決勝戦でアメリカを下して以来の勝利となった。

今回は、オーストラリアにとって悪い状況での戦いとなっていた。現在オーストラリア・ナンバー1であるB・トミック(オーストラリア)とキリオスが問題を起こしていたからだ。

最終日のシングルスでグロスにその座を明け渡した20歳のキリオスは、初日のシングルスで敗れた後のコート上で、ラケットを叩き付けたりする振る舞いに批難を浴びていた。先日のウィンブルドンでも、同じようにラケットを叩き付けたり暴言を吐き約1万ドルの罰金を課された。

世界ランク25位のトミックは、ウィンブルドン期間中にオーストラリアのテニス協会などへ批判的なコメントを試合後の記者会見で発した事で、今回のデビスカップのメンバーから外されていた。

更に状況を悪化させたのは、オーストラリアがカザフスタンとの準々決勝を戦う数日前、トミックが滞在していたアメリカのフロリダ州のホテルで騒音騒ぎを起こし、ホテルの警備員や警察の退去命令を拒否した事で軽犯罪法違反で拘束されていた。

週末のオーストラリアの新聞では、今回のオーストラリアの活躍を伝えるニュースと並んで、トミックが捕らわれた時に撮られた顔画像と共にトミック拘束のニュースが伝えられていた。

これまでも母国オーストラリアを代表して戦ってきたヒューイットは、これまでの15年に渡る代表選手としてのキャリアで、勝敗を決める最後のシングルスに登場しオーストラリアへ勝利をもたらした経験はなかった。

ヒューイットはこの5年間は度重なる怪我に泣かされていた。もしヒューイットが最終日のシングルスで敗れていたら、これが彼の最後のデビスカップ代表の試合となるかもしれなかった。しかし、勝利を飾りオーストラリアが準決勝進出を果たした事で、彼はまたオーストラリア代表として戦うチャンスを手にした事となった。

「最高の勝利もデビスカップで経験したし、最も辛い敗戦もデビスカップで経験したと言えるだろう。」と、ヒューイットはデビスカップを振り返っていた。

しばらくオーストラリアのテニス界には明るいニュースがなかったが、この勝利は久々の前向きなニュースとなった。

(STATS - AP)




■関連ニュース■ 

・キリオスら交代の大きな賭け
・ヒューイット劇的勝利 豪4強
・ヒューイット 最後は観客総立ち


■最新ニュース■ 

・シード勢撃破でツアー2勝目
・逆転マレー 英34年ぶり4強
・過去V5スペインが敗れる
(2015年7月20日14時07分)

その他のニュース

7月25日

ガウフ 旗手の大役「本当に光栄」 (11時37分)

ナダル五輪へ「国のためにプレー」 (10時40分)

シナー、パリ五輪欠場「非常に残念で悲しい」 (10時00分)

錦織/ダニエル組 パリ五輪複出場へ (8時46分)

柴原/錦織ペア出場 パリ五輪 (7時14分)

7月24日

必ず5000円以上貰える?!テニス365大会情報 (20時48分)

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!