- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

逆転マレー 英34年ぶり4強

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ準々決勝 イギリス対フランスは19日にシングルスが行われ、A・マレー(英国)G・シモン(フランス)に4-6, 7-6 (7-5), 6-3, 6-0の逆転で勝利。この結果、通算3勝1敗としたイギリスは1981年以来34年ぶりの準決勝進出を決めた。

この日、第1セットを落としたマレーは第2セットも第1ゲームでシモンにブレークを許してしまう。その後ブレークバックしてタイブレークの末にセットカウント1−1とすると、マレーは徐々に試合の主導権を握る。

第3セットでは最後ネットに出るシモンの頭上を越すロブショットを決めた。第4セットでは芝に足を滑らせて左足を痛めたシモンは失速、その隙をついて一気に攻め立てたマレーが勝利を手にした。試合時間は3時間26分だった。

9月のワールドグループ準決勝で、イギリスはオーストラリアと対戦する。

マレーは「今週はずっと素晴らしかった。」と話した。

「このチームは大きなことを成し遂げた。ここまでの戦いを誇りに思うし、9月のオーストラリア戦でもいい戦いが出来ると思う。」

(STATS - AP)

【大会1日目】
・シングルス第1試合:J・ワード(英国)(英国) ×-○ G・シモン
・シングルス第2試合:A・マレー ○-× JW・ツォンガ(フランス)

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:A・マレー/ J・マレー(英国) ○-× JW・ツォンガ/ N・マウー(フランス)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:A・マレー ○-× G・シモン




■関連ニュース■ 

・脱帽マレー ロジャーの胸叩く
・マレー兄弟 ツォンガ組撃破
・錦織 全英後の大会にマレーら


■最新ニュース■ 

・錦織とチャンの複で会場沸く
・ヒューイット劇的勝利 豪4強
・過去V5スペインが敗れる
(2015年7月20日8時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!