- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

主軸不在 初日で2敗喫す

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ準々決勝 ベルギー対カナダ戦は17日、シングルス2試合が行われた。M・ラオニチ(カナダ)V・ポスピシル(カナダ)ら主力選手不在の中、F・ダンチェビッチ(カナダ)、F・ペリモ(カナダ)が登場。しかし、いずれも敗れてカナダは0勝2敗と追い込まれた。

第1試合目、ダンチェビッチはS・ダルシス(ベルギー)と対戦。ダンチェビッチは第1セットを先取するも、その後ダルシスに3セット連取され、6-3, 1-6, 5-7, 3-6で敗れてベルギーに1勝を許した。

続く第2試合目、カナダからはペリモ、ベルギーからはD・ゴファン(ベルギー)が登場。ペリモはトータルで1度のブレークに成功するも、ゴファンに5度のブレークを許して4-6, 4-6, 2-6のストレートで敗れた。この結果、カナダはベルギーに2勝を許してしまった。

カナダは、3月に行われたワールドグループ1回戦でラオニチ、ポスピシルの主力選手を率いて日本戦に挑んだ。日本のエース錦織圭(日本)にシングルス2試合で敗れるも、他3試合で勝利を飾ったカナダが3-2で今回の準々決勝進出を決めていた。

また、カナダは昨年の同大会1回戦でも日本と対戦しており、その時は日本がカナダに勝利して大会初のベスト8入りの快挙を成し遂げた。その後、日本は準々決勝でチェコに敗れて4強入りとはならなかった。

今回の準々決勝は、ラオニチ、ポスピシルが不在のため、カナダが勝利するには、主軸の勢力無しで残る3試合を全て勝たなければならない。

ベルギー対カナダ戦の組み合わせは以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:S・ダルシス ×-○ F・ダンチェビッチ
・シングルス第2試合:D・ゴファン ×-○ F・ペリモ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:R・ベーメルマンス(ベルギー)/ K・コピーヤンス(ベルギー) vs D・ネスター(カナダ)/ A・シャマディン(カナダ)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:D・ゴファン vs F・ダンチェビッチ
・シングルス第2試合:S・ダルシス vs F・ペリモ




■関連ニュース■ 

・マレー 試合終盤で会場沸かす
・ジョコ不在 セルビアがピンチ
・ヒューイット組 豪ピンチ凌ぐ


■最新ニュース■ 

・涙の棄権 ソックは4強入り
・トミック逮捕を知って出場
・大暴れ ラケット破壊キリオス
(2015年7月18日17時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!