- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ不在 セルビアがピンチ

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ準々決勝 セルビア対アルゼンチンは17日、シングルス2試合が行われ、世界ランク20位のV・トロイキ(セルビア)、同87位のF・クライノビッチ(セルビア)が敗れたことにより、セルビアはアルゼンチンに2勝を許し、後がなくなってしまった。

セルビアは3月に行われたワールドグループ1回戦には世界王者N・ジョコビッチ(セルビア)が出場しており、クロアチアを5勝0敗と圧倒してベスト8進出を決めていたが、今回エースのジョコビッチは不在の中での準々決勝となった。

シングルス第1試合に登場したクライノビッチは、世界ランク22位のL・マイェール(アルゼンチン)に4-6, 2-6, 1-6のストレートで敗れ、先にアルゼンチンに1勝を許した。

シングルス第2試合に登場したトロイキはF・デルボニス(アルゼンチン)と対戦し、6-2, 6-2, 4-6, 4-6, 2-6と2セットアップから大逆転され、アルゼンチンに2勝を許してしまった。

この試合、トロイキは第1・2セットで安定したサービスゲームを展開し、2セットを連取する。しかし、第3セットからトロイキのサービスゲームが崩れ始め、流れを引き戻せず2セットアップから3セット連取されて逆転負けを喫し、セルビアは2敗で崖っぷちとなった。

セルビアは2010年に優勝を飾っており、今回は5年ぶり2度目の優勝を狙うも、初日を2敗で終えて苦しい状況となった。

一方、2勝して王手をかけたアルゼンチンは、ワールドグループ1回戦でブラジルを下しての勝ち上がりとなっている。

ブラジル戦にアルゼンチン代表として登場したマイェールは、J・ソウザ(ブラジル)と対戦し、11本目のマッチポイントをものにして7-6 (7-4), 7-6 (7-5), 5-7, 5-7, 15-13と6時間42分にも及ぶ大激闘を制していた。また、この時の試合は、デビスカップのシングルスで史上最長試合となった。

セルビア対アルゼンチン戦の組み合わせは以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:F・クライノビッチ ×-○ L・マイェール
・シングルス第2試合:V・トロイキ ×-○ F・デルボニス

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:D・ラヨビッチ(セルビア)/ N・ジモニッチ(セルビア) vs C・ベルロク(アルゼンチン)/ D・シュワルツマン(アルゼンチン)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:V・トロイキ vs L・マイェール
・シングルス第2試合:F・クライノビッチ vs F・デルボニス




■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ 複でも勝利に貢献
・デ杯単で史上最長時間制す
・キリオスら敗退 豪は崖っぷち


■最新ニュース■ 

・涙の棄権 ソックは4強入り
・トミック逮捕を知って出場
・大暴れ ラケット破壊キリオス
(2015年7月18日15時17分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!