- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

脱帽マレー ロジャーの胸叩く

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は10日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・マレー(英国)は第2シードのR・フェデラー(スイス)に5-7, 5-7, 4-6のストレートで敗れ、全英初優勝を飾った2013年以来2年ぶりの決勝進出とはならなかった。

準決勝、20本のサービスエースと56本ものウィナーを決められ、テンポの速いフェデラーのテニスに圧倒されたマレーはお手上げ状態だった。

得意のリターンも絶好調のフェデラーには通用せず、握ったブレークチャンスはわずか1度だけ。しかし、このチャンスを活かすことが出来なかったマレーは自身のサービスゲームで3度もブレークを許してしまい、2時間7分で準決勝敗退。3度のサービスダウンは各セット終盤でのことだった。

試合中、どうすることも出来ないという表情で何度もコーチのA・モレスモ(フランス)J・ビョークマン(スウェーデン)らが座る陣営席に助けを求めるも、この日のフェデラーを止めることは出来なかった。

試合後、両者ネットに近づき、マレーはフェデラーの胸を優しく3度叩いて完敗を認めた。

今回の対戦でマレーはフェデラーとの対戦成績を11勝13敗とした。

2012年のウィンブルドン決勝でもマレーはフェデラーに敗れていた。その時、準優勝に甘んじたマレーは涙を流しながら地元ファンの前で涙を流した。また、ウィンブルドンと同会場で行われた2012年のロンドンオリンピック決勝では、マレーがフェデラーにストレートで勝利している。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・錦織 マレーに初勝利
・マレー 29本のエースに封じる
・波乱大会は制したのはマレー


■最新ニュース■ 

・ジョコvsフェデラー 優勝は?
・「夢のようだ」ジョコ連覇王手
・フェデラー「大変だった」制す
(2015年7月11日7時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!