- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー「最高の準備」で臨む

29日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)に第2シードとして出場するR・フェデラー(スイス)は、今年のウィンブルドンで歴史を塗り替えようとしている。フェデラーはこれまでウィンブルドンでは7度の優勝があるが、それはP・サンプラス(アメリカ)、1880年代のW・レンシャウに並んでいる。今年の優勝でそれを抜きウィンブルドン最多優勝回数で単独1位となる8度の優勝を狙う。

【会場でしか買えない 全英タオル】

フェデラーが最後にウィンブルドンで優勝したのは2012年で、それは彼のグランドスラムでの最後の優勝でもある。しかし今年から、全仏オープンとウィンブルドンまでの期間が2週間から3週間へと開いた事で精神的な余裕もうまれていると言われている。

「ウィンブルドンへ向けて、今年はこれまでにないくらい最高の準備が出来ているはず。今年はこれまでより1週間多く芝のシーズンが設けられているからね。」と自身も認めているフェデラーは、芝の大会であるドイツはハーレで行われたゲリー・ウェバー・オープンで優勝を飾っていた。

「ハーレでの優勝は、ここウィンブルドンでまた優勝するための更なる自信を与えてくれた。」と、大会への気持ちを語っていた。

また、2009年に全仏オープンを制した事で生涯グランドスラムを達成したが、年間グランドスラムは未だ達成していない。そのフェデラーは、今年年間グランドスラムを狙うS・ウィリアムズ(アメリカ)は常に優勝候補に上げられているが、最も大切なのはずっと集中力を維持する事だと自身の考えを明かしていた。

「今の時点での最大の間違いは、既に全米オープンの決勝戦について考えてしまう事さ。特に今の彼女は、本来のプレーをすれば、あのサービスを持っていればウィンブルドンと全米オープンの優勝は容易い事だろう。しかし、一瞬の気の緩みが、そんな彼女のプレーに支障を来してしまうんだ。」と、男子テニス史上最多となる17度のグランドスラム優勝を誇るフェデラーは持論を述べていた。

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・フェデラー全英復活劇なるか
・フェデラー「優勝したいんだ」
・フェデラー 史上3人目の快挙


■最新ニュース■ 

・グラフ以来 快挙なるかセリーナ
・BIG4対抗馬はスタンや錦織ら
・ナダル 全仏に続く死ブロック
(2015年6月28日13時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!