- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー13連勝、ノーシード戦へ

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は30日、男子シングルス3回戦が行われ、第29シードのN・キリオス(オーストラリア)を6-4, 6-2, 6-3のストレートで退けた第3シードのA・マレー(英国)が、全仏初優勝に向けて一歩前進。2年連続のベスト16進出を決めると同時に、連勝記録を13にした。

12本のサービスエースと45本ものウィナーを放ったマレーは、この日サービスが不調だったキリオスのサービスゲームで得意のリターンが冴え、7度のブレークに成功。最後は果敢にネットへ出てくるキリオスに対して、ショートクロスへのリターンエースを決めて16強入りを果たした。

4回戦でマレーは、第17シードのD・ゴファン(ベルギー)をストレートで下したノーシードのJ・シャーディ(フランス)と対戦する。シャーディは今大会好調で、2回戦では第16シードのJ・イズナー(アメリカ)を破っているため、2試合連続でシード選手に勝利している。

今年4月に長年のパートナーであるキム・シアーズと挙式をあげてから、クレーコートシーズンで1度も負けていないため、この日で連勝記録を更新。

挙式後のクレー大会で初のタイトルを獲得してから自信を深めているマレーは、全仏オープン前哨戦の1つであるマドリッド・マスターズ決勝でR・ナダル(スペイン)をストレートで破って優勝を飾った。今大会には、クレーコートに対して自信を持った状態で臨んでいる。

2015年に入るとマレーの気合いが違う。1ポイントへの執着心が強く、ポイントをとった時は、これまでよりもガッツポーズの回数が増えており、今シーズンへ懸ける想いが伝わってくる。

2012年、地元開催のロンドン・オリンピックで金メダル、全米オープンでグランドスラム初のタイトル獲得。2013年のウィンブルドンでは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる悲願の地元優勝を果たす快挙を達成。今回は自身3度目の四大大会優勝を狙う。

一方、敗れたキリオスは、昨年のウィンブルドン4回戦でR・ナダルを破る金星をあげてから注目を集める若手の1人。

今年は全豪オープンでグランドスラム2度目の8強入り。マドリッド・マスターズではR・フェデラー(スイス)を大接戦の末に破る活躍をみせた。

しかし、マレー戦では以前から痛めていた右肘の治療を受けるなど、本来の力を100パーセント発揮することなく敗れた。

>>全仏オープン男子ドロー表<<




■関連ニュース■ 

・加速し続けるマレー 初V狙う
・苛立つも、マレー12連勝へ
・鼻血のハプニング キリオス


■最新ニュース■ 

・ツォンガ 4回戦勝てば錦織か
・情報なく戦ったフェデラー
・ガバ、錦織は「長く続かない」
(2015年5月30日23時48分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!