- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

加速し続けるマレー 初V狙う

24日から開幕するテニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)に、今季好調のA・マレー(英国)が大会初優勝を狙う。既に現地入りしているマレーは、グランドスラム3つ目のタイトル獲得に照準を合わせている。

2012年、地元開催のロンドン・オリンピックで金メダル、全米オープンでグランドスラム初のタイトル獲得。マレーにとってテニス人生で最高の成績を残した。さらに2013年のウィンブルドンでは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる悲願の地元優勝を果たす快挙を達成する。

そんな中、ウィンブルドン後に腰の手術を行った事で、2014年シーズン前半・中盤は思うような結果を残す事が出来なかった。その後はかつての力を取り戻し、シーズン後半から3大会で優勝を飾り、徐々に調子を上げた。

そして、2015年に入るとマレーの気合いが違った。1ポイントに対する執着心が強く、これまでよりもガッツポーズの回数が明らかに増えている。逆にポイントをとられた時は以前と同様に感情を爆発させる。

この喜怒哀楽がマッチングしたのか、コーチである元世界ランク1位A・モレスモ(フランス)の効果なのか、マレーは全豪オープンでN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるも4度目の準優勝。その後、マスターズ大会のインディアンウェルズで4強、マイアミ・マスターズでは決勝進出を果たした。

そして、クレーコートシーズンに入るとさらにマレーは加速。

BMWオープンでクレー大会初優勝を飾ると勢いに乗り、マドリッド・マスターズでは錦織圭(日本)R・ナダル(スペイン)らを破り、マスターズ大会では約2年ぶりの優勝。

今季不調ではあるが、クレーコートで圧倒的な強さを発揮するナダルとの決勝で、マレーは常に試合の主導権を握り、完璧と言っていい程のプレーを披露した。

直近ではローマ・マスターズに出場したが、連戦による疲労のため2回戦を前に棄権を申し入れ、全仏オープンに向けては万全の状態で臨む。

全仏オープンでの自己最高成績は2011・2014年のベスト4。しかし、これまでにないクレーコートに対して自信を持った今、マレーも優勝候補の1人である事は間違いない。


■関連ニュース■ 

・マレー シアーズさんと挙式
・マレー ナダル下し7年ぶりV
・マレー 初クレータイトル獲得


■最新ニュース■ 

・錦織 全仏前に得たもの
・フェデラー「ジョコ強すぎた」
・不安視ナダル 奇跡起きるか
(2015年5月22日10時21分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!