- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

鼻血のハプニング キリオス

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は25日、男子シングルス1回戦が行われ、第29シードのN・キリオス(オーストラリア)D・イストミン(ウズベキスタン)を6-3, 6-4, 6-3のストレートで下し、2年ぶりの初戦突破を果たした。この試合でキリオスにハプニングが起きた。

>>全仏オープン関連商品はコチラ<<

試合を通してファーストサービスが入った時に79パーセントの確率でポイントを獲得したキリオスは、イストミンのサービスゲームで6度のブレークに成功。さらに持ち味である強烈なフォアハンドとサービスでイストミンを圧倒し、2回戦へ駒を進めた。

しかし、キリオスは鼻血が出るハプニングに見舞われ、試合中、鼻に詰め物をしながらのプレーを余儀なくされた。

現在、自己最高の世界ランク30位キリオスは2回戦で、K・エドモンド(英国)S・ロバート(フランス)の勝者と対戦する。

20歳のキリオスは、昨年のウィンブルドン4回戦でR・ナダル(スペイン)を破る金星をあげてベスト8進出。

今年は全豪オープンでグランドスラム2度目の8強入り。クレーシーズンに入ると、エストリル・オープン男子でツアー初の決勝進出、さらにマドリッド・マスターズではR・フェデラー(スイス)を大接戦の末に破った。

また、今大会前に出場したニース・オープンでは2回戦で右肘の負傷により棄権を申し入れていたため、全仏オープン出場へ黄信号が点滅していた。

2013年の全仏オープンに初出場したキリオスは、1回戦でR・シュティエパネック(チェコ共和国)に勝利、2回戦ではM・チリッチ(クロアチア)に敗れた。昨年はM・ラオニチ(カナダ)にストレートで敗れている。

>>全仏オープン男子ドロー表<<


■関連ニュース■ 

・キリオス 3度の警告で失格寸前
・フェデラー 激闘の末に敗れる
・キリオス棄権 全仏前に不安


■最新ニュース■ 

・錦織 要注意ベルッチ戦へ
・錦織 試合中に唱えていた
・フェデラー事件 大会に怒り
(2015年5月26日5時36分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!