- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 初GSVへ手応え

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は27日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク40位のT・ベルッチ(ブラジル)に7-5, 6-4, 6-4のストレート勝ちをおさめた第5シードの錦織圭(日本)。試合後、錦織は四大大会初優勝に向けて確かな手応えを感じていた。

「嬉しいですね。今日は少し緊張もありましたし、相手も強かった。3セットで勝てて嬉しいです。」

センターコートであるフィリップ・シャトリエで試合を行ったのは、錦織にとって2度目の事だった。

「特に緊張はなかったですね。試合に入る時はセンターコートっていうのを考えていなく、忘れてたくらいだった。そんなに舞い上がったりする事は最近はなくなりましたね。」

最初にセンターコートで戦ったのは2013年の4回戦、その時はクレーコートで圧倒的な強さを誇るR・ナダル(スペイン)との試合。ナダルにはストレートで敗れたが、2度目のセンターコートは当時と状況が全く違う。

今季はバルセロナ大会で2連覇、マドリッド・マスターズでベスト4、ローマ・マスターズでベスト4と結果を残している錦織は、自信を持って全仏入りしている。

この日のベルッチに錦織は苦しんだ。24本のウィナーを決めてくるベルッチのショットは「球が重かった」と、錦織がコメントするほど強烈だった。

自身のプレーについては「ストロークも良かったですね。特に中盤はバックのダウンザライン(ストレートへのショット)のウィナーだったり。バックで左右に振っていけたので、そこはすごく良かったところだと思います。」と、錦織。

3回戦では第32シードのF・ベルダスコ(スペイン)を大接戦の末に破った世界ランク48位のB・ベッカー(ドイツ)と対戦する。

(コメントはWOWOWから抜粋)

【錦織圭 全仏オープン戦歴】

<2014年>
・1回戦 敗退 M・クリザン(スロバキア) 6-7 (4-7), 1-6, 2-6

<2013年>
・1回戦 勝利 J・レヴィン(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-0
・2回戦 勝利 G・ゼミヤ(スロベニア) 6-1, 5-7, 6-1, 6-4
・3回戦 勝利 B・ペール(フランス) 6-3, 6-7 (3-7), 6-4, 6-1
・4回戦 敗退 R・ナダル 4-6, 1-6, 3-6

<2011年>
・1回戦 勝利 ルー・イェンスン(台湾) 6-1, 6-3, 6-4
・2回戦 敗退 S・スタコフスキ(ウクライナ) 1-6, 6-3, 3-6, 6-7 (3-7)

<2010年>
・1回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 2-6, 4-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 N・ジョコビッチ(セルビア) 1-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 J・M・アラングレン(アルゼンチン) 1-6, 6-3, 6-2
・予選2回戦 敗退 S・グロイル(ドイツ) 2-6, 5-7

>>全仏オープン男子ドロー表<<




■関連ニュース■ 

・錦織「タフな試合」乗り切る
・錦織 我慢の勝利
・錦織 試合中に唱えていた


■最新ニュース■ 

・ナダル、自身に合格点
・伊達&元全仏女王 大逆転勝利
・ナダル不満「フェアじゃない」
(2015年5月28日1時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!