- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

才能溢れるティエム 接戦制す

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー、賞金総額3,830,295ユーロ/優勝賞金628,100ユーロ)は11日、男子シングルス1回戦が行われ、21歳のD・ティエム(オーストリア)が地元選手のS・ボレッリ(イタリア)を7-6 (7-4), 7-6 (7-5)と2度のタイブレークの末に下し、2回戦進出を決めた。

両者は今回が初めての対戦となった。

この試合、第1セットは両者ブレークチャンスを与えないサービスゲームを展開し、タイブレークの7−4の末にティエムが先取。第2セットでは両者1度ずつブレークに成功してこの試合2度目のタイブレークとなり、2度のタイブレークを共に制したティエムが1時間59分で勝利をおさめた。

2回戦でティエムは、元世界ランク6位で第12シードのG・シモン(フランス)と対戦する。

今回ティエムは初めて同大会に出場しており、3月に行われたマイアミ・オープン男子では準々決勝でA・マレー(英国)に敗れるもマスターズ初のベスト8進出を果たした。

現在は世界ランク49位だが、9月には自己最高位36位を記録しており、昨年4月に行われたムチュア・マドリッド・オープンでは予選から勝ち上がり、本戦2回戦でS・ワウリンカ(スイス)を破る金星を上げ一躍注目を集めた。

また、昨年の全米オープンではE・ガルビス(ラトビア)F・ロペス(スペイン)らを破り4回戦進出を果たしており、次世代のトップ10選手候補と言われ、今後の活躍に期待が集まる若手。

一方、敗れた地元選手のボレッリは、昨年のウィンブルドン3回戦で錦織圭(日本)と対戦し、敗れるもフルセットと接戦を演じた。今季は2月に行われたオープン13で、M・ラオニチ(カナダ)をフルセットの末に下す活躍を見せた。

しかし、今回は21歳のティエムに敗れて地元の大会で初戦敗退となった。


■関連ニュース■ 

・21歳ティエム クレー初勝利
・20歳のティエム 若手対決制す
・ティエム 第8シードを撃破


■最新ニュース■ 

・ディミトロフ 2大会連続対戦へ
・アメリカの新星 全仏初出場
・錦織 マドリッド響き6位転落
(2015年5月12日13時15分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!