- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊 ウィリアムズ姉妹対策へ

4月18日と19日にかけて行われる女子国別対抗戦のフェドカップのワールドグループ入りをかけたプレーオフで、S・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)を有するアメリカと対戦するイタリアは、不利な状況ながらも前向きな姿勢を見せている。

イタリア・チーム監督のコッラド・バラズッチ監督は、不利だと予想されている戦いなかわら、何とか勝利を飾るために策を練っている。

「単純に彼女達より良いプレーをする必要がある。もし良いプレーさえ出来れば、十分にチャンスはある。本当に良いプレーをしなければならない。タフな試合になるだろう。」と水曜日にAP通信の取材に答えていた。

その対戦はイタリアのブリンディジで、アウトドアのレッドクレーで行われる。

もし現在世界ランク1位のセリーナが普段通りのプレーをしたならば、イタリアはそれだけで0勝2敗の劣勢に立たされる計算となる。

更にイタリアに不利な条件としては、現在女子ダブルスで世界ランク1位にいるR・ビンチ(イタリア)が右肘の炎症から欠場を余儀無くされてしまうと言う事。

バラズッチ監督が今回の対アメリカ戦へ選んだメンバーは、イタリア女子のエースでビンチと共に女子ダブルスで世界ランク1位にいるS・エラーニ(イタリア)、そしてF・ペネッタ(イタリア)C・ジョルジ(イタリア)K・ナップ(イタリア)の4選手。

ビンチとエラーニはこれまで5回のグランドスラム優勝を飾るなど、ダブルスで世界のトップを走ってきた。しかし先月、お互いの話し合いの元、コンビを解消する事を公にしていた。しかしながら、祖国を代表して戦うフェドカップでは、共にプレーする意思がある事も明かしていた。

「今はあまりダブルスの事は心配してはいない。」と語るバラズッチ監督。「まず、4つのシングルスを戦わなければならない。もしそれで2勝2敗になれば、ダブルスの事を考えるまで。世界でもトップクラスのダブルス・プレーヤーがいるから。」

現在女子シングルス世界ランク14位のエラーニと、同ランク27位のペネッタをバラズッチ監督はシングルスに起用すると考えられている。そして同ランク34位で、伸び盛りの23歳であるジョルジが次に控えている。

「エラーニとペネッタは、イタリアで最も強いシングルス・プレーヤー。しかしその次にはジョルジも控えている。彼女は才能も豊かで、時にはトップ選手を倒して驚かせてもくれる。」とバラズッチ監督は自身の見解を語っていた。

試合が行われるブリンディジは、ペネッタの故郷でもある。

「その事が彼女のモチベーションを高めてくれたらとも願っている。」とペネッタへ期待を寄せていた。

イタリアはこれまでアメリカとこの6年間で4度の対戦がある。その内、2009年と2010年は2回連続で決勝戦で対戦していた。そしてその4回全てでイタリアが勝利していた。しかし、長いフェドカップの歴史では、これまでの対戦成績はアメリカが9勝4敗としている。

2月に行われたワールドグループ2部では、ウィリアムズ姉妹率いるアメリカがアルゼンチンを4勝1敗で下し、今月行われるプレーオフへ進出を決めていた。

勝利した国は来年ワールドグループ復帰が決まる。そして負けた国はワールドグループ2部へと降格となる。


■関連ニュース■ 
・メンバー決定 2部昇格なるか
・ヒンギス 17年ぶりフェド杯出場
・セリーナ「復帰に値する」


■最新ニュース■ 
・添田 豪「凄く自信になる」
・ベルダスコ 大会2連覇へ前進
・ブラックマン氏「窓口の問題」


■最新動画■ 
・昨シーズンに躍進したヒラルド特集
・ツアー初優勝の34歳が最年長記録達成
(2015年4月9日11時03分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月22日

ティーム、リード許し順延 (18時58分)

西岡良仁 世界ランク最高位へ (12時05分)

右ひざ手術「昨年に負傷」 (10時57分)

20歳リバキナ 2週連続決勝へ (10時14分)

メドヴェデフ完敗 4強ならず (9時53分)

西岡良仁 今季初の4強進出 (7時23分)

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!