- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

地元期待キリオス 初4強逃す

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額17,748,600ドル)は27日、男子シングルス準々決勝が行われ、地元期待の19歳、N・キリオス(オーストラリア)は第6シードのA・マレー(英国)に3-6, 6-7 (5-7), 3-6のストレートで敗れ、グランドスラム初のベスト4進出とはならなかった。

この試合、キリオスは第1セット第6ゲームで先にブレークを許す。第8ゲームでは2度のブレークチャンスをしのぎ、長いサービスゲームをキープし反撃を伺うが、ブレークチャンスを作ることができなかった。

第2セットでキリオスはマレーにブレークチャンスを与えずにサービスキープに成功するが、マレーのサービスゲームでわずか6ポイントしか取ることができず、ブレーク出来ずにタイブレークに突入する。

タイブレークでは先にミニブレークを許すも、マレーのダブルフォルトもあり追いつく。しかしキリオスが5-6で迎えた12ポイント目、ネットにつめたキリオスはマレーにロブを決められ2セット連取される。

第3セット第6ゲーム、キリオスはダブルフォルトでマレーにブレークチャンスを与えるが、フォアハンドのウィナーでしのぐ。マレー3度目のチャンスでネットに出たキリオスは、マレーが放ったロブをまた抜きショットで返すがドロップボレーを決められこのセットも先にブレークを許す。

しかし第7ゲーム、この試合初めてキリオスにブレークチャンスが訪れると2度目のチャンスでブレークバックに成功する。

しかし直後の第8ゲームでフォアハンドのエラーを犯し再びブレークを許した。

マレーのサービスング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲーム、最後はマレーにフォアハンドの逆クロスを決められ、2時間5分で敗れた。

地元の応援によりキリオスは大健闘し、マレーとのストローク戦やスーパーショットを披露し、会場を大いに沸かせた。

マレーはキリオスの強打にスライスを効果的に使い、ベースラインよりも後ろに下がりキリオスの速い展開を抑え、ストローク戦に持ち込みミスを誘い、カウンターを決めた。

両者は2度目の対戦となり、前回対戦した昨年8月に行われたロジャーズ・カップ2回戦に続き、キリオスはマレーに0勝2敗とした。

《マレーvsキリオス ロジャーズ・カップ2回戦》

敗れたキリオスは全豪オープン初のベスト8進出、グランドスラム初のベスト4進出を逃すも昨年のウィンブルドン以来2度目のベスト8となった。

現在世界ランク53位のキリオスはベスト8進出したため、2月2日に発表される世界ランキングで30位台にまで浮上する。

勝利したマレーは準決勝で第3シードのR・ナダル(スペイン)を6-2, 6-0, 7-6 (7-5)で下した、第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と対戦する。

マレーは全豪オープン2010年に決勝に進むもR・フェデラー(スイス)に敗れ準優勝、2011年はN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ準優勝、2013年もジョコビッチに敗れ準優勝と、3度決勝に進むも優勝経験の無いマレーは今回初優勝を狙う。

また、この試合にはワン・ダイレクションのナイル・ホーランが試合を観戦していた。


■関連ニュース■ 
・ナダル破った19歳キリオス
・マレー 地元キリオスを警戒
・キリオス 大逆転勝利で初8強


■最新ニュース■ 
・世界3位ハレプ 初の4強逃す
・シャラポワ ブシャールに完勝
・ナダル 準々決勝敗退


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月27日19時48分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!