- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「正直驚いている」

男子テニスで世界ランク5位の錦織圭(日本)がバークレイズATPワールドツアー・ファイナルズを終え17日に帰国し、18日に日本記者クラブで会見を行い、今年の振り返りやM・チャン(アメリカ)コーチから影響を受けたことについて話した。

これまでスポーツ選手が日本記者クラブで会見を行うのは、プロ野球選手のイチローや野茂英雄、松井秀喜などが行ってきたがテニス選手が行うのは初めての事となる。

会見を行った錦織は「(世界ランク5位、全米オープン準優勝など)目標にはしてましたけど、想像まではしてませんでした。まずはトップ10に入ること、グランドスラムベスト8、ベスト4を大きく超えて達成できたのは嬉しいです。」

「自分でも驚いた部分はたくさんあります。バルセロナのクレーコートで優勝できて、マドリッドで初のマスターズで決勝に行けたり、USオープンで決勝に残れたのもびっくりですし、非常に嬉しかったです。特に後半はどんどん結果が出てきて、体もついてきてくれたので正直驚いている部分もあります。」と今年を振り返った。

どこが一番変わったかという質問には「一番はコーチが変わって、自分のテニスが明らかに変わりました。自分のテニスが良くなってトップに行けるようになりました。」と答えた。

チャンコーチから影響を受けたことについては「思った以上に攻めるボールが増えたこと、昔はそこまで攻撃力が無かったのですが、マイケルに変わってから前に出ることを意識するようになり、練習時間も増やし、しっかりやりました。厳しいので、その分自分が強くなったと思います。」

フルセットに強いメンタルについては「気持ちが強くなっているのは大きいと思います。昔から接戦を制すことはなんとなく得意でした。最後まで諦めないことと、集中力を切らせることなくプレーできているのが接戦でも勝てていることだと思います。」とコメントした。

今年のターニングポイントについてという質問には「一番は全豪のR・ナダル(スペイン)とやった試合だと思います。3セットで負けはしましたが、今までにない充実感と、テニス自体も変わってきていると自分が感じた瞬間でした。ナダル相手に追い詰めたのは負けながらも自分に自信を持つことができるきっかけでした。」

「その他に思い出に残る試合は何個かありますが一番はUSオープン決勝や、日本で2度目の優勝ができたこと、ツアー・ファイナルなどあります。」

全米オープンの時に発言した「勝てない相手はいない」というコメントについて錦織は「(ツアー・ファイナルズ、N・ジョコビッチ(セルビア)との準決勝で)一瞬、こんなに差があるんだと1セット目で感じましたが、その中でも1セット取れたので自分に言い聞かせる意味でも自分を強く持ったけど、自分を信じきれなかった部分もある。」

「もっと自分を信じて、みんなに勝てると思わないとこれからトップに行けないと思う。昔はいろんな選手を尊敬しすぎて、ジュニアを出たての時はトップの選手と対戦する時、対戦する前から負けていました。それはアジアの選手で足りていない部分だと思います。」と話した。


■関連記事■ 
・錦織 「これ以上の結果残したい」
・獲得賞金ランク 錦織は6位
・錦織 自己最高位5位で終える
・錦織「全豪は優勝を狙って臨む」
・錦織 「ああしないと勝てない」


■関連動画■ 
・惜しまれつつ引退した元世界3位ダビデンコの功績!
・最終戦出場が懸かった大一番で運命の”チャレンジ”!
(2014年11月19日14時13分)
  • コメント -

    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!