- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 「これ以上の結果残したい」

男子テニスで世界ランク5位の錦織圭(日本)がバークレイズATPワールドツアー・ファイナルズを終え17日に帰国し、18日、日本記者クラブで会見を行った。

これまでスポーツ選手が日本記者クラブで会見を行うのは、プロ野球選手のイチローや野茂英雄、松井秀喜などが行ってきたが、テニス選手が行うのは初めての事となる。

「プロテニスプレーヤーの錦織圭です。このような歴史のある場所に呼んでいただき本当に光栄に思っています。今年は今までの中で一番飛躍した年になり、ランキングも5位で終わることができて、本当に充実した1年でした。」

「日本でもたくさん報道してもらい、自分の事を知ってもらえ、またテニスの面白さなどを報道して頂き嬉しく思っています。来年もこの調子でオフシーズンしっかりトレーニングして、これ以上の結果を残したいと思います。」と錦織は挨拶を終え、質問に答えた。

・ツアー・ファイナルズについて
「本当に充実した1年を過ごしてきて、ツアー・ファイナルもしっかり自分の力を出せたと思っているので、満足している部分もありますし、同時にベスト4に残って、ジョコビッチにファイナルセットまでもつれて負けたという悔しさが同じようにあるので、嬉しさと悔しさと半分半分です。」

R・フェデラー(スイス)N・ジョコビッチ(セルビア)の決勝について
「フェデラーの怪我は残念なニュースですけど、それだけ自分も優勝に近づいてきているというのは励みになりますし、モチベーションにもなります。そこまでこれたという実感が大きな経験値になります。」

・ツアー・ファイナルズを経験して
「大きな舞台でトップの8人しか1年の最後に残れない大会で自分のテニスがしっかりできて、プレッシャーだったり、大きな壁にまた立ち向かい、乗り越えられたというのは自分の成長を感じます。」

「ジョコビッチに最後、自分の力が出せず、気持ちの部分で少し揺らいだので、そういうのもいいレッスンというか、経験となってこれから活きてくると思うので、もちろん負けたことは悔しいですがそこからしっかり敗戦を忘れず、学べたこともあるのでこれからに活きてくると思います。」

・ジョコビッチとの準決勝について
「1セット目は何も出来ず、こんな選手に勝てるのかというくらい圧倒されて、2セット目は少しのチャンスをリスクを負って攻めて、相手が少し硬くなったところを一気に追い詰めて2セット目は取れて、3セット目、1ゲーム目もいい流れで入りましたけど、そこで一瞬相手がナンバー1のジョコビッチで、自分が何かしないと勝てないのではないかと自分にプレッシャーをかけてしまいました。そこからミスが続きました。」

「そういう場面でも平常心でいられる、相手の選手を過大評価しないようにしないといけないと思いました。」

・テーピングを施していた右手首について
「たぶん大丈夫です。少し痛みはありましたが、試合が出来ないほどではないので。そういう小さな怪我を乗り越えて試合もベスト4まで入れたので、気持ちの部分で強くなっている証拠かと思います。」とツアー・ファイナルズについて話した。

錦織は来年、1月に行われるブリスベン国際男子に出場を予定している。


■関連記事■ 
・錦織「全豪は優勝を狙って臨む」
・錦織 最終戦 準決勝進出の快挙
・錦織「重さ、凄さを認識してきた」
・錦織「壁を越えることが出来た」
・錦織「少し夢に近づいた」


■関連動画■ 
・錦織が凱旋試合で宿敵ラオニチと激突
・マレーが復活優勝
(2014年11月18日22時35分)
  • コメント -

    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!