- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 マレーに初勝利

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は9日、グループBの予選ラウンドロビンが行われ、大会第4シードでアジア人選手として初出場の錦織圭(日本)が第5シードのA・マレー(英国)を6-4, 6-4のストレートで下し、錦織はマレーから初勝利を上げ、初のツアー・ファイナルズ出場で準決勝進出に向けて大きな1勝となった。

マレーと4度目の対戦にして初めてセットを奪った錦織は、第2ゲームで先にブレークに成功し、3ゲーム連取する。

第4ゲームで錦織は3度のブレークチャンスを掴むも、マレーがサービスキープする。

錦織優勢で試合が進むが第7ゲーム、ローボレーをネットにかけ15-40としマレーにブレークバックのチャンスを与える。続くポイントでも錦織はネットに出るがマレーの低いショットを再びネットにかけブレークバックを許す。

このゲームを終え、マレーは左足ふくらはぎのマッサージを受け試合を続けた。

マレーが第8ゲームをサービスキープし、追いつかれた錦織は第9ゲーム、最後はマレーのリターンがアウトとなりサービスキープに成功する。

第9ゲーム、錦織が1ポイント目でボレーを決め、バックハンドのリターンエースで0-30と先行すると15-40の場面でマレーのボールがアウトとなり、1時間35分で勝利した。

両者は4度目の対戦となり、錦織はマレーに1勝3敗と初勝利を上げた。

【錦織vsマレー 対戦成績】

<2014年>
・ATPワールドツアー・ファイナルズ予選ラウンドロビン 勝利 6-4, 6-4

<2013年>
・スイス・インドア準決勝 敗退 4-6, 0-2, 途中棄権

<2012年>
・全豪オープン準々決勝 敗退 3-6, 3-6, 1-6

<2011年>
・上海マスターズ準決勝 敗退 3-6, 0-6

錦織は今年、2月のアメリカ国際インドアテニス選手権、4月のバルセロナ・オープン・サバデル、9月のマレーシア・オープン、10月の楽天ジャパン・オープンと4勝をあげ、ランキングをアジア人男子最高位となる5位を記録した。

5月に行われたムチュア・マドリッド・オープンではマスターズ大会初の決勝進出し、R・ナダル(スペイン)と対戦し、第3セットで途中棄権するも中盤までナダルを圧倒し、勝利まであと1歩のところまで追いつめた。

全米オープンではM・ラオニチ(カナダ)S・ワウリンカ(スイス)N・ジョコビッチ(セルビア)を下し決勝に進出。決勝ではM・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝という快挙をおさめた。

先日行われたBNPパリバ・マスターズでは、準決勝でN・ジョコビッチに敗れるもベスト4に進出し、ツアー・ファイナルズの出場権を獲得した。

マレーは昨年の全米オープンとデビスカップを終え、腰の手術を行ったため昨年の同大会を欠場しており、6度目の出場となる。

《マレー腰の手術決断 復帰は2014年》

今年に入り手術の影響か今季9月まで優勝が無かった。昨年4位で終えたランキングを9月には12位まで落とすが、9月に行われたシンセン・オープンで今季初優勝を飾るとエルステ・バンク・オープン、バレンシア・オープン6週間で3度の優勝を果たし、先日行われたBNPパリバ・マスターズ3回戦でG・ディミトロフ(ブルガリア)を下し、ツアー・ファイナルズの出場権を獲得した。

今大会グループAには世界ランク1位のN・ジョコビッチ、今年の全豪オープン覇者S・ワウリンカ、T・ベルディヒ(チェコ共和国)、錦織を下し全米オープンで優勝したM・チリッチがおり、グループBには7度目のタイトルを狙うR・フェデラー(スイス)、錦織圭、A・マレー、M・ラオニチが出場している。

予選ラウンドロビンを1勝する度に200ポイントが付与され、各グループの上位2名が準決勝に進出することができ、決勝に進むとさらに400ポイント、優勝するとさらに500ポイントが付与され、全勝優勝の場合1500ポイント付与される。

また今大会の賞金は出場者に15万5千ドル(約1736万円)、予選ラウンドロビン1勝につき15万5千ドル(約1736万円)、全勝優勝した場合207万5千ドル(約2億3千万円)が与えられる。


■関連記事■ 
・錦織 第1セット先取
・最終戦 錦織ら3選手に期待
・マレー最終戦 「ファン取り戻す」
・フェデラー 「バランスを取る」
・ジョコビッチ 息子が原動力


■関連動画■ 
・錦織が凱旋試合で宿敵ラオニチと激突
・マレーが復活優勝
(2014年11月10日0時54分)
  • コメント -

  • その他のニュース

    10月31日

    ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

    ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

    メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

    約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

    元世界17位が引退を発表 (13時19分)

    ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

    ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

    ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

    10月30日

    全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

    第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

    メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

    ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

    ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

    ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

    10月29日

    杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

    【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

    元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

    14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

    ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

    ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

    チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

    ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

    錦織、今季終了を発表 (0時28分)

    10月28日

    約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

    日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

    第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

    ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

    ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

    ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

    ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

    シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

    今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

    「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

    ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!