- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

最終戦ランク 錦織との差縮まる

今年の11月9日から開幕する男子テニスツアーのATPワールドツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、ハード)。この大会は、今季の大会獲得ポイント上位8名が出場でき、ATPツアーの最後を飾る。

10月20日付で発表された今季の大会獲得ポイントランキング上位8名は以下の通り。

■1位…N・ジョコビッチ(セルビア)(9,010)

■2位…R・フェデラー(スイス)(8,020)

■3位…R・ナダル(スペイン)(6,745)

■4位…S・ワウリンカ(スイス)(4,805)

■5位…錦織圭(日本)(4,265)

■6位…M・チリッチ(クロアチア)(4,150)

■7位…T・ベルディヒ(チェコ共和国)(4,105)

■8位…A・マレー(英国)(3,885)

また、出場の可能性がある11位までは以下の通り。

■9位…D・フェレール(スペイン)(3,775)

■10位…M・ラオニチ(カナダ)(3,750)

■11位…G・ディミトロフ(ブルガリア)(3,555)

となっている。

ジョコビッチ、フェデラー、ナダル、ワウリンカ、新たにチリッチが出場を確定したため、残りの出場枠は3枠。

先日まで行われていたエルステ・バンク・オープン決勝で、フェレールを逆転で下して今季2勝目を上げたマレーが前回から2つ上げて8位に浮上した。

《マレー優勝の記事はこちら》

また、前回8位だったラオニチは、先日のクレムリンカップ男子に出場するも、初戦となる2回戦でR・ベランキス(リトアニア)に敗れて初戦敗退を喫した。そのため、前回から2つ下げて10位にランクを落とした。

一方、先週は大会出場がなかった錦織だが、ベルディヒらとの差が縮まっただけでランクに変動は見られなかった。

しかし、今週から始まるバレンシア・オープンに出場予定だった錦織は欠場となったため、27日から行われるBNPパリバ・マスターズでの活躍が最終戦出場のカギとなる。


■関連記事■ 

・最終戦出場のチリッチ 4勝目
・マレー ツアー30勝で8位浮上
・ディミトロフ 連続スーパーショット
・錦織が欠場 最終戦危ぶまれる
・伊藤 竜馬 上海に続き本戦逃す


■関連動画■ 

・錦織らトップ選手が出場を目指す"ツアー最終戦"とは!?
・力強いプレーを可能にする臀部のトレーニングを紹介!
(2014年10月20日12時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!