- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織が欠場 最終戦危ぶまれる

20日から開催される男子テニスツアーのバレンシア・オープン(スペイン/バレンシア、ハード、賞金総額約220万ユーロ/優勝賞金約39万ユーロ)に出場予定だった世界ランク6位の錦織圭(日本)が欠場することとなった。

今年の全米オープンで錦織は、M・ラオニチ(カナダ)S・ワウリンカ(スイス)、王者N・ジョコビッチ(セルビア)らを次々と下す快進撃でグランドスラム初の決勝進出を決めた。決勝ではM・チリッチ(クロアチア)に敗れるも、男子アジア勢初で自身初となるグランドスラム準優勝を果たした。

《錦織 全米オープンの記事はこちら》

その後は、9月に行われたマレーシア・オープンの決勝でJ・ベネトー(フランス)を下して今季3度目の優勝、キャリア通算6度目をあげた。

マレーシア・オープンの翌週に行われた楽天ジャパン・オープンでは、連戦の疲れもあって錦織の身体は悲鳴を上げ始め、右臀部に不安要素を抱えた中の決勝でラオニチに勝利、大会2年ぶり2度目の優勝、さらに自身初の2週連続優勝を達成した。

《錦織 楽天オープンの記事はこちら》

しかし、そのすぐ後に行われた上海オープンでは、初戦となる2回戦でJ・ソック(アメリカ)と対戦。コートに登場した時から、錦織の顔には連戦続きでの疲れが見えており、試合中でも動きにいつもの錦織は見られなかった。

さらに、第2セットではメディカルタイムアウトを要求。楽天ジャパン・オープンから違和感を感じていた腰の治療を受ける場面も見られた。

11月9日から行われるATPワールドツアー・ファイナルの出場を狙う錦織は、現在最終戦ランク5位で出場が射程圏内となっているが、今週大会出場なしでバレンシア・オープン欠場となると最終戦出場が危ぶまれる。

錦織の今後の出場予定は、27日から行われるBNPパリバ・マスターズとなっており、ここでの好成績が最終戦出場に必須となってくる。


■関連記事■ 

・錦織が初戦敗退 連戦の疲れか
・錦織「全米が糧になった」
・錦織「100%の元気ではなかった」
・錦織 1億ドルの価値
・錦織「あまり深く考えない」


■関連動画■ 

・錦織らトップ選手が出場を目指す"ツアー最終戦"とは!?
・力強いプレーを可能にする臀部のトレーニングを紹介!
(2014年10月18日21時48分)
  • コメント -

  • その他のニュース

    10月26日

    【告知】錦織vsティーム (22時54分)

    YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

    ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

    大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

    トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

    錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

    22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

    マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

    今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

    ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

    10月25日

    望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

    単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

    激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

    4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

    ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

    プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

    2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

    10月24日

    錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

    ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

    誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

    好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

    西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

    望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

    マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

    誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

    西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

    10月23日

    波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

    望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

    528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

    35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

    土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

    サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

    トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

    コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

    西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!