- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織が欠場 最終戦危ぶまれる

20日から開催される男子テニスツアーのバレンシア・オープン(スペイン/バレンシア、ハード、賞金総額約220万ユーロ/優勝賞金約39万ユーロ)に出場予定だった世界ランク6位の錦織圭(日本)が欠場することとなった。

今年の全米オープンで錦織は、M・ラオニチ(カナダ)S・ワウリンカ(スイス)、王者N・ジョコビッチ(セルビア)らを次々と下す快進撃でグランドスラム初の決勝進出を決めた。決勝ではM・チリッチ(クロアチア)に敗れるも、男子アジア勢初で自身初となるグランドスラム準優勝を果たした。

《錦織 全米オープンの記事はこちら》

その後は、9月に行われたマレーシア・オープンの決勝でJ・ベネトー(フランス)を下して今季3度目の優勝、キャリア通算6度目をあげた。

マレーシア・オープンの翌週に行われた楽天ジャパン・オープンでは、連戦の疲れもあって錦織の身体は悲鳴を上げ始め、右臀部に不安要素を抱えた中の決勝でラオニチに勝利、大会2年ぶり2度目の優勝、さらに自身初の2週連続優勝を達成した。

《錦織 楽天オープンの記事はこちら》

しかし、そのすぐ後に行われた上海オープンでは、初戦となる2回戦でJ・ソック(アメリカ)と対戦。コートに登場した時から、錦織の顔には連戦続きでの疲れが見えており、試合中でも動きにいつもの錦織は見られなかった。

さらに、第2セットではメディカルタイムアウトを要求。楽天ジャパン・オープンから違和感を感じていた腰の治療を受ける場面も見られた。

11月9日から行われるATPワールドツアー・ファイナルの出場を狙う錦織は、現在最終戦ランク5位で出場が射程圏内となっているが、今週大会出場なしでバレンシア・オープン欠場となると最終戦出場が危ぶまれる。

錦織の今後の出場予定は、27日から行われるBNPパリバ・マスターズとなっており、ここでの好成績が最終戦出場に必須となってくる。


■関連記事■ 

・錦織が初戦敗退 連戦の疲れか
・錦織「全米が糧になった」
・錦織「100%の元気ではなかった」
・錦織 1億ドルの価値
・錦織「あまり深く考えない」


■関連動画■ 

・錦織らトップ選手が出場を目指す"ツアー最終戦"とは!?
・力強いプレーを可能にする臀部のトレーニングを紹介!
(2014年10月18日21時48分)
  • コメント -

  • ウインザーラケットショップ



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!