- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「100%の元気ではなかった」

5日に行われた男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)のシングルス決勝で、第4シードの錦織圭(日本)が第3シードのM・ラオニチ(カナダ)を7-6 (7-5), 4-6, 6-4のフルセットで下し、大会2年ぶり2度目のタイトル獲得と、マレーシア・オープンに続いて自身初の2週連続優勝を果たした。

優勝後に行われた会見で錦織は「初めて2週連続で優勝したのですごく良かったです。」とコメント。

「全米オープン後はモチベーションを維持するのが難しかったです。というのは、私の夢だった全米オープンで決勝に行けたからだと思います。やっぱり、精神的に強いまま、集中し続けることが特に大変でした。」と全米オープン準優勝後について語った。

「特に今週は100パーセントの元気ではなかったです。それでも優勝したというのは、テニスの調子だけでは無く、フィジカル的にも良かったからだと思います。」

決勝で対戦したラオニチについては「ミロ(ラオニチ)のサービスを返すのが大変でした。私より高い確率でエースを決めていたと思います。インドアだったのでスピードも速かったです。」とコメントした。

さらに「第1セットでタイブレークに入って、自分はモチベーションが上がった。このタイブレークを逃したら、優勝を逃すことになると思ったからです。しかし、彼も上手く返すようになり、もっと積極的になって来ました。このゲームはミロ(ラオニチ)との最も大変なゲームの1つだったと思います」

「第3セットでは、彼にはいくつかのチャンスがありました。私は2度のサービスゲームをブレークされそうになりましたが、それを全てを凌ぐことが出来て嬉しいです。私はどうやって試合に勝てたかいまだに分からないですが、勝てて嬉しいです。」と試合を振り返った。

大会2年ぶり2度目の優勝を飾った錦織は、大会後に発表された世界ランキングで自己最高位の6位に浮上し、さらに最終戦ランクでは5位となり、日本人初出場に前進した。

《最終戦ランクの記事はこちら》

現在開催されている上海マスターズに、錦織は第7シードとして出場し、10月8日に行われるシングルス2回戦でJ・ソック(アメリカ)と対戦する。

上海マスターズで準優勝以上の成績を残すと、錦織は最終戦出場が確定となる。


■関連記事■ 

・錦織の初戦は第2試合
・錦織 今週で最終戦決めるか
・ナダル 会見で虫垂炎明かす
・2年ぶり出場のマレーが2回戦
・ナダルが批判「怪我につながる」


■関連動画■ 

・錦織とチリッチが激突した世紀の一戦を振り返る!
・ツアー通算100勝目を懸けてブライアン兄弟が全米決勝に挑む!
(2014年10月8日12時24分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!