- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「あまり深く考えない」

男子テニスで世界ランキング6位の錦織圭(日本)は自身のブログで、先日行われた上海マスターズについて振り返っている。

錦織は同大会第7シードとして出場し、初戦となる2回戦で世界ランク60位のJ・ソック(アメリカ)に6-7 (5-7), 4-6のストレートで敗れた。

《錦織vsソック 上海マスターズ2回戦の記事はこちら》

マレーシア・オープン、楽天ジャパン・オープンでキャリア初の2週連続優勝を果たし、2週間で9試合をこなし、直後に上海に移動。8日に初戦を迎えた錦織は連戦による疲労で「痛みもありながらとメンタル的な疲れもあり、全く試合に集中できていませんでした。相手のサーブがとても良かったのと、リターンのキレがあまり出てこなかったのでなんとか自分のサーブだけに集中して、タイブレークで勝負しようと思いましたがミスが出てしまい2セットでやられてしまいました。」

「あまり深く考えないようにします。負けたのは事実ですし悔しいですが、体が思うように動いてくれなかったし集中力も欠けてました。」と綴っている。

錦織は上海で敗れた後は活動拠点のフロリダに戻り、数日休みを取り、20日から行われるバレンシア・オープンに臨む。

錦織はバレンシア・オープン初出場となり、これまでは同期間に行われていたスイス・インドアに2011・2013年の2度出場していた。

錦織は2011年のスイス・インドア準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)を破り初勝利、世界ランク1位の選手に初めて勝利を飾る大活躍を見せた。

《錦織vsジョコビッチ スイス・インドア準決勝の記事はこちら》

決勝ではR・フェデラー(スイス)と初対戦し敗れるも、記憶に残る大会となった。

《錦織vsフェデラー スイス・インドア決勝の記事はこちら》


■関連記事■ 
・錦織「限界を乗り越えた」
・錦織 今季3度目、通算6度目の優勝
・錦織「出来ればあと1勝」
・錦織「重さ、凄さを認識してきた」
・錦織「壁を越えることが出来た」


■関連動画■ 
・錦織とチリッチが激突した世紀の一戦
・ラオニチvsポスピシル【シティ・オープン男子決勝】
(2014年10月13日11時11分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!