- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

テニス界の新しい幕開けなるか

M・チリッチ(クロアチア)錦織圭(日本)を下して幕を閉じた今季最後のグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は、約10年ぶりとなるR・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)がいない決勝戦となり、男子テニスの新しい幕開けを感じさせた。

次のグランドスラムは来年1月に行われる全豪オープン。その大会への展望は、今回の全米オープンの結果から男子テニス界の世代交代さえ感じさせた。もしその流れが本当なら、次は誰がタイトル獲得に名乗りを上げるのだろう。

全米オープンで自身初のグランドスラム優勝を飾ったチリッチは「どの選手にも優勝する可能性が広がったと感じている。」と自身の思いを語った。

2005年の全仏オープン以降、今回の全米オープンまでの38回のグランドスラム中36回がトップ4と呼ばれるジョコビッチ、ナダル、フェデラー、A・マレー(英国)が優勝を分け合って来た。2009年の全米オープンではJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)がフェデラーを下し、今年の全豪オープンではS・ワウリンカ(スイス)がナダルを下して優勝しているだけだった。

198cmと長身のチリッチは試合後のテレビでのインタビューで「本当に素晴らしいチャンピオンが達がいるんだ。その選手達に割って入って、そんな選手達を倒してグランドスラムの決勝にいったり優勝したりするのは全く容易な事ではないんだ。」と男子テニス界の厳しさを述べていた。

そして「ここ数年は、それを成し遂げるためには信じられないプレーをする必要があった。今回の自分はちょっとラッキーだった所もあった。ラファ(ナダル)が欠場していたし、錦織よりはドローにも恵まれた。ジョコビッチやマレーなどと戦わなくてすんだからね。」

しかしそのチリッチも、決勝までの3試合は過去の対戦ではかなり不利な相手を撃破して来た。準決勝では、33歳にして18度目のグランドスラム優勝が視野に入っていたフェデラーをストレートで退けていた。

前年度チャンピオンで大会連覇を狙うナダルだったが、右手首の故障で今年の全米オープンは欠場を強いられる結果となっていた。そして世界ランク1位のジョコビッチは、錦織の前に準決勝で姿を消していた。

それまではフェデラー、ナダル、ジョコビッチのビッグ3と言われた男子テニス界をビッグ4と言わしめたマレーだったが、昨年受けた腰の手術後はなかなか本来の調子を取り戻せていないのが現状。

今年の全豪オープンでのワウリンカの優勝は、チリッチを含め他の選手達に何かの変化を感じさせるものだった。そして全仏オープンではE・ガルビス(ラトビア)が、ウィンブルドンではG・ディミトロフ(ブルガリア)M・ラオニチ(カナダ)と言う若手がベスト4へ名を連ねていた。

「若手がそこまで来ているんだ。もうそこまでね。これはテニス界には良いニュースだと思う。」と語るのはチリッチのコーチで2001年ウィンブルドン覇者のG・イバニセビッチ(クロアチア)。「まさにテニス界の新しい風。テニス界はこれを必要としていたんだ。」

準決勝でチリッチに敗退した後、フェデラーは彼自身やジョコビッチ、ナダルがいない決勝戦の意味はと問われ「あなたはあなた自身の思いを語れば良い。全豪オープンの時も同じような質問をして来た。そして誰もがね。それでも全仏オープンとウィンブルドンの決勝戦を見ただろう。でもまたここでこうしてまた君達がそんな質問をする機会に恵まれた。だから書きたい事を書けばよい。」と答えていた。

フェデラーが語った事は確かに正しい。全仏オープンはナダルとジョコビッチ、ウィンブルドンはジョコビッチとフェデラーの決勝戦だった。今回のチリッチの優勝で、男子テニス界の変化を語るのはまだ早いかも知れない。

「また新たなグランドスラム・チャンピオンが生まれるかも知れない。でも彼等もまだそこにいるんだ。」と、そのチリッチも来シーズンでのトップ4の存在の大きさを語っていた。

「それでも自分やラオニチ、ディミトロフ、錦織、そして怪我から復帰するであろうデル=ポトロにも更なるチャンスが広がっているとも感じているんだ。」とこれまで以上の可能性の大きさも実感していた。


■関連記事■ 
・チリッチ「強い気持ちになれる」
・錦織「たくさんの事を得られた」
・チリッチ「努力が実を結んだ」
・錦織「素晴らしい2週間」」
・錦織の活躍に修造は涙



■関連動画■ 
・帰ってきた元王者ロディック
・錦織らがマンU所属のスター選手と夢の対面
(2014年9月10日15時17分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

【告知】西岡vsジョコビッチ (17時14分)

【告知】大坂vsガウフ (16時59分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

1月21日

杉田祐一「ギア上げたい」 (22時01分)

土居美咲 死闘の末に全豪敗退 (21時02分)

シャラポワ「来年分からない」 (20時10分)

内山「まだ100%ではない」 (18時20分)

杉田祐一 全豪2年ぶり初戦突破 (17時53分)

【1ポイント速報】全豪OP1回戦 (17時00分)

伊藤竜馬「ジョコ壁みたい」 (16時42分)

日比野菜緒「満足してない」 (15時57分)

ナダル圧勝 11年ぶりVへ好発進 (15時12分)

けがから復帰の内山は敗退 (14時47分)

チリッチ 快勝で初戦突破 (12時35分)

【1ポイント速報】ナダルvsデリエン (11時24分)

日比野菜緒 全豪OP初の2回戦へ (11時10分)

伊藤竜馬 7年ぶり初戦突破 (10時43分)

1月20日

ジョコ 900勝達成で初戦突破 (21時51分)

【1ポイント速報】ジョコvsシュトルフ (21時20分)

バーティ 序盤苦戦も初戦突破 (19時30分)

今大会で引退 快勝で初戦突破 (17時04分)

セリーナ 19度目の初戦突破 (16時25分)

15歳ガウフ 全豪OP初勝利 (15時42分)

西岡勝利「負けられない」 (15時42分)

大坂「前年V精神ではない」 (14時54分)

フェデラー 21年連続初戦突破 (13時55分)

西岡 全豪OP4年連続初戦突破 (12時02分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョンソン (12時00分)

大坂 全豪5年連続の初戦突破 (10時38分)

【1ポイント速報】大坂vsブズコバ (10時28分)

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!