- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーについて「最大のチャンスはウィンブルドンだろう」

男子テニスで14度の四大大会優勝を誇る元世界ランク1位のP・サンプラス(アメリカ)が、グランドスラム史上最多17勝のR・フェデラー(スイス)について、テニス人生の長さへの驚きに加え、更なるグランドスラム優勝の可能性を感じている事を明かしている。

テニスの日となる3月3日に、イギリスのロンドンで行われるエキシビションへ向けてのインタビューを受けたサンプラスは、フェデラーが今後も数年は現役を続けるだろうとの憶測を以下のようにコメントした。

「現在もテニスに対して、更なる上を目指しているフェデラーに驚いている。彼(フェデラー)は既にテニスでは多くの事を達成しており、明日にでも満足感を持ちながら退いてもおかしくない。しかしながら、彼は未だに世界を転戦し続けたいと願っているし、そんな彼に畏敬の念を抱いている。まさにテニスを愛している選手。」

昨年のフェデラーは、シーズン途中で腰を痛める怪我を負うなど不本意な1年を送っていた。そして、フェデラーは新たに元世界ランク1位のS・エドバーグ(スウェーデン)氏をコーチに招き入れると、今季開幕戦のブリスベン国際で準優勝、全豪オープンでも11年連続のベスト4入りを果たした。

《11年連続4強フェデラー、王者ナダル戦「過酷な戦いになる」<全豪オープン>》

全豪オープンでは4回戦で2008年準優勝者のJW・ツォンガ(フランス)、準々決勝では昨年のウィンブルドン覇者であるA・マレー(英国)を破った。

その後の準決勝では、昨年から絶好調のR・ナダル(スペイン)にストレートで敗退したフェデラーだが、サンプラスはそんなフェデラー自身もそこまでの勝ち上がりには満足しているはずだと語る。

《フェデラーがナダルの声の大きさにクレーム<全豪オープン>》

「今のフェデラーのレベルはかなり良いと思う。ラファ(ナダル)と対戦して自分のプレーが出来ずにいたら、自分自身に苦悩しているように見受けられる。今のラファの強さは揺るぎないもの。しかし、フェデラーはあの敗戦からも立ち直り学んでいるように見られた。きっと彼は今年、良いプレーを続けるだろう。」

今後、フェデラーのグランドスラム優勝の可能性を問われたサンプラスは「彼のベストのテニスさえ出来れば、それは可能だと思う。だから彼は現役を続けているし、グランドスラムでの優勝を今でも狙っているに違いない。最大のチャンスは、得意としている芝でのウィンブルドンだろう。」と、話した。

サンプラスは31歳の時、現役最後の大会として出場した2002年の全米オープンで14度目となるグランドスラム優勝を果してラケットを置いた。しかし32歳のフェデラーは、2016年のリオデシャネイロ・オリンピックさえ目指す決断を下している。

《フェデラーがリオ五輪に向けて「練習が必要だ」》

「フェデラーがテニスを楽しんでいる限り、そして健康でプレーを続けられている限り、今後2・3年、いや、4年先まで現役を続けるだろう。」

そう語るサンプラスは、3月3日にロンドンで行われる『ワールド・テニス・デー・ショーダウン』と称するエキシビションで、かつてのライバルであるA・アガシ(アメリカ)とエキシビション・マッチを行う。

《アガシ、サンプラス、さらにジョコビッチやマレーらも出場<ワールド・テニス・デー>》


■関連記事■

《好調フェデラー「もう迷いなどない」<全豪オープン>》

《フェデラーはナダルに脱帽「させてもらえなかった」<全豪オープン>》

《フェデラー「気が狂うほどではなかった」、黒塗りラケットで初戦突破<全豪オープン>》


■関連動画■

《情熱溢れる元王者ヒューイット!若い頃の貴重な映像を大公開!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》

《フェデラーやサンプラスを育てたコーチが王者の共通点を明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》
(2014年2月20日10時56分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!