- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎が元世界21位に完勝、ツアー本戦初勝利<ロイヤル・ガード・オープン・チリ>

男子テニスツアーのロイヤル・ガード・オープン・チリ(チリ/ビニャ・デル・マール、クレー)は4日、シングルス1回戦が行われ、21歳のダニエル太郎(日本)が元世界ランク21位のT・ベルッチ(ブラジル)を6-3, 6-3のストレートで下し、ATPツアー本戦で初勝利をあげた。両者は今大会の予選3試合を勝ち抜き、本戦入りを果たしていた。

この試合、ダニエル太郎はベルッチに1ブレーク許すも、それを上回る4度のブレークに成功し、1時間30分で勝利した。

ダニエル太郎とベルッチは、今年の全豪オープンで本戦出場をかけた予選3回戦で対戦し、その時はベルッチが勝利していた。今回の対戦で両者の対戦成績は1勝1敗となった。

2回戦でダニエル太郎は、第8シードのF・デルボニス(アルゼンチン)と対戦する。デルボニスは、昨年のベット・アット・ホーム・オープンでR・フェデラー(スイス)を破る金星を上げる活躍をみせた。

一方、ダニエル太郎に敗れた26歳のベルッチは、世界ランキングで2010年に自己最高の21位を記録するも、近年は怪我により戦線離脱を余儀なくされており、現在は125位まで下げている。

今大会の第1シードはF・フォニュイーニ(イタリア)、第2シードはT・ロブレド(スペイン)、第3シードはN・アルマグロ(スペイン)、第4シードはM・グラノジェルス(スペイン)。この4選手は1回戦が免除されており、2回戦からの登場となる。


■関連記事■

《ダニエル太郎は初の本戦出場ならず、元世界21位に阻まれる<全豪オープン>》

《ダニエル太郎が逆転勝利、錦織破ったエヴァンスとの対戦へ<カタール・エクソンモービル・オープン>》

《錦織、日本男子テニス界「若い選手が育ってこないと」<デビスカップ>》

《カナダ応援が話題に、添田「ある意味お手本」<デビスカップ>》


■関連動画■

《復活の兆し見せるフェデラーが謎のラケットの正体明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》

《大活躍見せるワウリンカが得意のバックハンドを炸裂!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》
(2014年2月5日10時21分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!