- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、カナダペア撃破して「率直にすごい嬉しい」、日本初8強なるか<デビスカップ>

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦は1日、大会2日目に登場した錦織圭(日本)/ 内山靖崇(日本)組がD・ネスター(カナダ)/ F・ダンチェビッチ(カナダ)組を6-3, 7-6 (7-3), 4-6, 6-4で下し、日本は通算2勝1敗とワールドグループ初勝利へ王手をかけた。試合後、錦織はダブルス勝利の喜びと、ワールドグループ初の8強入りへ意気込みを語った。

「率直にすごい嬉しいです。彼ら(ネスター/ ダンチェビッチ組)に勝つというのは大きな収穫だった。」と、錦織。

錦織と内山靖崇は昨年の楽天ジャパン・オープン ダブルスに出場していた。

「以前に組んだ事もあるので、彼(内山靖崇)がダブルス上手いのもわかってますし、僕もいいプレーが出来た。最高の試合でした。」

明日のシングルスに向けて、錦織は「まだ2−1なので、僕と添田君が戦って、どちらかが1勝出来るように頑張ります。」と、意気込みを語った。

当初、日本からは杉田祐一(日本)/ 内山靖崇組が出場する予定だったが、杉田祐一から錦織に変更した。対するカナダもネスター/ V・ポスピシル(カナダ)組からネスター/ ダンチェビッチ組に変えた。

初日は錦織がP・ポランスキー(カナダ)を6-4, 6-4, 6-4のストレートで下し、日本が1勝目をあげる幸先の良いスタートを切った。しかし、第2試合に登場した添田豪(日本)はダンチェビッチに4-6, 6-7 (2-7), 1-6のストレートで敗れたため、1勝1敗としていた。

明日2月2日(日)はシングルス2試合が行われ、日本からは錦織と添田豪が登場する予定。日本は錦織と添田豪のシングルスどちらかの勝利でワールドグループ初のベスト8進出となるため、2月2日(日)のシングルスに大きな期待がかかる。

もし日本がカナダを下した場合、準々決勝では2連覇しているチェコ共和国とオランダのどちらかと対戦する。

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利する事となる。

日本とカナダ戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○−× P・ポランスキー
・シングルス第2試合:添田豪 ×−○ F・ダンチェビッチ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:錦織圭/ 内山靖崇 ○−× D・ネスター/ F・ダンチェビッチ

【大会3日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 vs F・ダンチェビッチ
・シングルス第2試合:添田豪 vs P・ポランスキー

デビスカップ2014_カナダ戦


■関連記事■

《錦織「理想的な3セットで勝てた」、エースの大役果たす<デビスカップ>》

《「率直に悔しい」添田豪「チームが勝てれば」<デビスカップ>》

《錦織、エース ラオニチ欠場「正直に言うとチャンス」<デビスカップ>》

《錦織、新サーフェス「全豪よりは格段に遅かった」<デビスカップ>》

《日本と可能性あるチェコ共和国とオランダは1勝1敗<デビスカップ>》


■関連動画■

《復活の兆し見せるフェデラーが謎のラケットの正体明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》

《大活躍見せるワウリンカが得意のバックハンドを炸裂!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》
(2014年2月1日16時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!