- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「率直に悔しい」添田豪「チームが勝てれば」<デビスカップ>

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦は31日、大会1日目の第2試合に登場した添田豪(日本)F・ダンチェビッチ(カナダ)に4-6, 6-7 (2-7), 1-6のストレートで敗れた。この日は第1試合に登場した錦織圭(日本)がストレートで勝利したため、大会初日は1勝1敗となった。

この試合、添田豪はダンチェビッチに16本のサービスエースと43本のウィナーを決められた。さらに自身のサービスゲームでは4度のブレークを許してしまい、2時間1分で敗れた。

試合後、添田豪は「率直に悔しいですが、明日も明後日もある。僕個人は負けましたけど、最終的にはチームが勝てればと思っている。今日の負けを引きずらず、明日からチームに貢献していきたい。」と、コメント。

第1セット、添田豪はゲームカウント4−1とリードしていたが、そこからダンチェビッチに5ゲーム連取を許してしまった。

「4−2のサービスゲームでミスが連続で出てしまった。そこで相手を楽にさせてしまった。」

「負けて暗い雰囲気にならないようにしなければいけない。僕自身が負けを引きずっているとチームにもそのような雰囲気が伝わってしまう可能性があるので、僕が気持ちを切り替えなければいけない。明日から再出発していきたいと思います。」

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利することとなる。

日本とカナダ戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○−× P・ポランスキー(カナダ)
・シングルス第2試合:添田豪 ×−○ F・ダンチェビッチ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:杉田祐一(日本)/ 内山靖崇(日本) vs V・ポスピシル(カナダ)/ D・ネスター(カナダ)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 vs F・ダンチェビッチ
・シングルス第2試合:添田豪 vs P・ポランスキー

デビスカップ2014_カナダ戦


■関連記事■

《錦織「理想的な3セットで勝てた」、エースの大役果たす<デビスカップ>》

《錦織、エース ラオニチ欠場「正直に言うとチャンス」<デビスカップ>》

《錦織「ナダルを思い出すくらい」<デビスカップ>》

《錦織、新サーフェス「全豪よりは格段に遅かった」<デビスカップ>》


■関連動画■

《復活の兆し見せるフェデラーが謎のラケットの正体明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》

《大活躍見せるワウリンカが得意のバックハンドを炸裂!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》
(2014年1月31日21時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!