- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

連覇逃した錦織「最後は腰が痛くて」<楽天ジャパン・オープン>

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は4日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードで昨年覇者の錦織圭(日本)は第6シードのN・アルマグロ(スペイン)に6-7 (2-7), 7-5, 3-6のフルセットで敗れて連覇を逃し、試合後の会見でこの日の試合を振り返った。

「最後は腰が痛くて、どうしようもなかった。その中でも良くやったと言いたいですが、結果が勝負。1セット目はチャンスもあった。」

第1セットをタイブレークの末に落とした錦織は、第2セットもアルマグロにいきなりブレークされる苦しい展開を強いられた。そこから錦織は逆転で第2セットを取り、セットカウント1−1とした。

「2セット目は劣勢の中から挽回出来て、いいリズムだった。けど、最後は体力が足りなかった。」

腰の状態について、錦織は「夏ぐらいから1・2試合やると、動けないくらい痛くなっていた。チェックしたり、休んだりするのが出来ない状態。」と、話した。

今後、錦織は6日から開幕する上海マスターズに出場する予定。

「これから1大会1大会が大切になってくる。今のプレーを続ければ勝てるチャンスが出てくると思うので、なるべく後半まで残っていられるように頑張ります。」

錦織に勝利したアルマグロは、準決勝で第1シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。


■関連記事■

《連覇狙った錦織、アルマグロに阻止される<楽天ジャパン・オープン>》

《昨年覇者の錦織圭が頭脳戦制す、ベスト8へ<楽天ジャパン・オープン>》

《大逆転の錦織「逆転できたのは応援の力です」<楽天ジャパン・オープン>》

《2連覇狙う錦織圭「正直、終わったと思った」<楽天ジャパン・オープン>》


■関連動画■

《連覇を懸けて錦織圭が楽天オープンに挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.189》

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》


(コメントはWOWOWから抜粋)
(2013年10月4日19時46分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!