- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年覇者の錦織圭が頭脳戦制す、ベスト8へ<楽天ジャパン・オープン>

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は3日、シングルス2回戦が行われ、第4シードで昨年覇者の錦織圭(日本)F・ロペス(スペイン)を7-6 (7-4), 6-0のストレートで下してベスト8進出を果たし、準々決勝では第6シードのN・アルマグロ(スペイン)と対戦する事が決まった。

この試合、世界ランク13位の錦織はファーストサーブが入った時に80パーセントの高い確率でポイントを獲得、さらに10度のブレークチャンスから5度のブレークに成功し、1時間9分で勝利した。

「1セット目はお互いブレーク合戦でしたけど、その中でもしっかりタイブレークを取った。2セット目は出だしも良かった。」

第1セットのタイブレークについては「集中してギアを上げた。」と、錦織。

スライスや強烈なショットを織り交ぜるロペスについて、錦織は「プレー中も頭を使って、しっかりプレーしなければならなかった。バンバン打ってくる選手よりテンポが難しい。彼(ロペス)にも2敗していましたし、得意な選手ではない。その中でも2セットで勝てたのは、嬉しかった。」と、コメントした。

錦織とロペスは今年のアメリカ国際インドアテニス選手権決勝でも対戦し、その時は錦織がストレートで勝利、ツアー3度目のタイトルを獲得した。

今大会1回戦では元世界ランク8位のJ・メルツァー(オーストリア)に崖っぷちに追い込まれるも、大逆転勝利をあげていた。

昨年の楽天ジャパン・オープンで錦織は、決勝でビッグサーバーのM・ラオニチ(カナダ)をフルセットで破り優勝しており、今年は大会2連覇を狙う。

準々決勝で対戦するアルマグロとは2011年のマレーシア・オープン準々決勝で対戦しており、その時は錦織が逆転で勝利している。

アルマグロ戦について「(アルマグロは)今日もいいプレーをしていたので、負けないようにベスト4に入りたいと思います。」と錦織は、意気込みを語った。

前日行われたダブルス1回戦にP・クエバス(ウルグアイ)とのペアで出場したアルマグロは、第1シードでグランドスラム歴代最多15度の優勝を誇るB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組を破る金星をあげた。

錦織に敗れたロペスは1回戦で伊藤竜馬(日本)に逆転で勝利し、2回戦へ進出していた。サーブ&ボレーを得意とするロペスはウィンブルドンの芝コートと相性が良く、2005・2008・2011年にベスト8入りしており、今年はAEGON国際オープン男子でタイトルを獲得していた。


■関連記事■

《大逆転の錦織「逆転できたのは応援の力です」<楽天ジャパン・オープン>》

《2連覇狙う錦織圭「正直、終わったと思った」<楽天ジャパン・オープン>》

《錦織組、58分で姿消す<楽天ジャパン・オープン>》

《第1シードのブライアン兄弟が初戦敗退の波乱<楽天ジャパン・オープン>》

《錦織圭が3度目の優勝、31歳を寄せ付けず◇アメリカ国際インドアテニス選手権》


■関連動画■

《連覇を懸けて錦織圭が楽天オープンに挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.189》

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

(コメントはWOWOWから抜粋)
(2013年10月3日17時59分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!