- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

連覇狙った錦織、アルマグロに阻止される<楽天ジャパン・オープン>

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は4日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードで昨年覇者の錦織圭(日本)は第6シードのN・アルマグロ(スペイン)に6-7 (2-7), 7-5, 3-6のフルセットで敗れ、大会連覇をアルマグロに阻まれた。

この試合、世界ランク13位の錦織は同17位アルマグロに15本のサービスエースを決められた。そして、5度のブレークを許してしまい、2時間13分で準々決勝敗退となった。

両者は今回が2度目の対戦となり、錦織はアルマグロとの対戦成績を1勝1敗とした。

今大会で錦織は、1回戦で元世界ランク8位のJ・メルツァー(オーストリア)に大逆転勝利、2回戦ではビッグサーバーのF・ロペス(スペイン)を下し、準々決勝進出を決めていた。

今年の全米オープンで錦織はグランドスラムで2年ぶりに初戦敗退となるも、国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦では2勝し、日本のワールドグループ復帰に大きく貢献した。

勝利したアルマグロは、今大会のダブルスにP・クエバス(ウルグアイ)とのペアで出場し、グランドスラム歴代最多15度の優勝を誇る第1シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組を破る金星をあげていた。その後はJ・マレー(英国)/ J・ピアース(オーストラリア)組に敗れ、準々決勝敗退となった。

今大会に出場するまでアルマグロは4大会連続の初戦敗退を喫していたが、今大会では好調を維持している。

これまで12度のツアー優勝を飾っている28歳のアルマグロは、世界ランキングで2011年に自己最高の9位を記録した。

準決勝でアルマグロは、第1シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)A・ドルゴポロフ(ウクライナ)の勝者と対戦する。


■関連記事■

《昨年覇者の錦織圭が頭脳戦制す、ベスト8へ<楽天ジャパン・オープン>》

《大逆転の錦織「逆転できたのは応援の力です」<楽天ジャパン・オープン>》

《2連覇狙う錦織圭「正直、終わったと思った」<楽天ジャパン・オープン>》

《第1シードのブライアン兄弟が初戦敗退の波乱<楽天ジャパン・オープン>》


■関連動画■

《連覇を懸けて錦織圭が楽天オープンに挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.189》

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》
(2013年10月4日17時00分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!