- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元王者サンプラス「フェデラーが最強の選手」

先週、男子テニスで元世界ランク1位のA・アガシ(アメリカ)が同世代でかつては史上最強の選手と言われたP・サンプラス(アメリカ)よりR・フェデラー(スイス)の方が上であると自身の思いを語った事に対し、そのサンプラスも同じ考えである事を明かしつつ、フェデラーの復活の可能性があると語った。

「私にとっては、とても明白な事だが、ロジャー(フェデラー)が史上最強の選手。しかし、ラファ(ナダル)はまだ絶頂期にいる。これからも、もっとグランドスラムでも優勝出来るだろう。彼(ナダル)は同世代の選手には全て勝ち越しているし、デビスカップやオリンピックでの優勝経験だってある。」

フェデラーはグランドスラムで歴代最多17度の優勝を誇り、これはサンプラスより3つ多く、ナダルより4つ多い。しかし、ナダルは今季最後のグランドスラムである全米オープンで13度目の優勝を飾ったが、まだ27歳の若さ。

加えて史上最強と言われるフェデラーに対しても、21勝10敗と大きく勝ち越している。

サンプラスは「ロジャーは本当に安定した強さを持っていたし、かなり長い間に渡って絶頂期を続けていたと思う。ラファに関しては、ほぼ確実に自分のグランドスラム優勝回数を抜くだろう。」と、話した。

現在32歳のフェデラーは、今年はここ10年間で最も悪いシーズンを送っている。今季ここまで35勝12敗でツアー優勝はわずかに1度。

グランドスラムでも、2002年以来となる決勝の舞台に立っておらず、これまで36大会連続での準々決勝以上の成績を収めていたフェデラーだったが、その記録もウィンブルドンの2回戦敗退で絶たれた。

そのウィンブルドンでは当時世界ランク116位のS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗れ、以後トップ50以下の選手に2度の敗戦を味わい、全米オープンの4回戦ではそれまで10度の対戦で1度も負けなかったT・ロブレド(スペイン)にストレートで敗退する結果となっていた。

それでもサンプラスは、まだフェデラーにグランドスラム優勝の可能性があると言う。

「ロジャーは単に、また勝ち続けるための自信を取り戻す事が必要なだけ。今、彼の目標が何かはわからないが、これだけは言える。彼はこれまでも素晴らしいチャンピオンで、そして今後もそうだ。単に彼が何を望んでいるか、どこまで現役を続けたいかによると思う。」

「素晴らしい選手は信念を持っているもの。ロジャーがそれを取り戻せば、また良いプレーを始めるだろう。そうなれば、またグランドスラムで勝てるはず。2005年の時のような優勝候補の筆頭にはならないだろうけどね。彼が再び良いプレーを始めて健康であれば、また優勝する実力はあると思う。」とサンプラスは、フェデラーにはまだ可能性が残されていると感じていた。

現在フェデラーは、2002年から連続出場を続けている上位8選手しか出場できないツアー最終戦への出場さえ危ぶまれている。


■関連記事■

《フェデラーとナダルを比較、アガシ語る》

《引退したロディックがフェデラーにインタビュー》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《フェデラー「かなり落胆」「必ず強くなって戻ってくる」<全米オープン>》

《フェデラー、ナダル撃破について「ジョコビッチなら」<全仏オープン>》


■関連動画■

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年10月3日17時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月16日

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!