- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退したロディックがフェデラーにインタビュー

2012年の全米オープンで現生活に幕を閉じたA・ロディック(アメリカ)が、ライバルであったR・フェデラー(スイス)に、以前インタビューを行った。

2003年の全米オープンでグランドスラム初優勝を飾ったロディックは、その後世界ランク1位の座へのぼりつめる活躍をみせた。しかし、その後は2004・2005・2009年のウィンブルドン、2006年の全米オープン決勝ではいずれもフェデラーに敗れ、準優勝に終わった。



ロディック「この強さは才能だけではないよね?」

フェデラー「才能だけではない。一生懸命練習しているよ。勝つ事が好きなんだ。勝つ事、プレーする事を楽しんでいる。表情には出ていないかもしれないけれどね。」


ロディック「最も誇りに思っている勝利、達成事項は?」

フェデラー「2003年のウィンブルドン初優勝かな。あとは2004年前半に世界1位になった事。」



ロディック「(冗談を交えて)僕に勝っての優勝だったから、僕は嬉しくはなかったけどね。その2009年のウィンブルドン決勝戦の後、僕はロッカールームでとても悲しい思いをしていた。その時の事。君のチームが入ってきて、お互いに黙ってガッツポーズを重ね合わせ、ハグし合っていたけれど、見せびらかす感じは全くなかった。僕のことを慮ってくれての事だったと思うけれど、この場面、覚えているかい?」

フェデラー「僕の嬉しさよりも君の辛さの方がこたえていると思った。対戦相手を尊重するのは大切な事。君は一生懸命プレーしていた。辛い事はわかっていた。全てを手にする事は出来ないからね。」



ロディック「キャリアの中で最も影響を受けた人物は?」

フェデラー「コーチだったピーター・カーター。大切な人だ。10-14歳まで、また16歳-19歳までコーチをしてくれた。兄、いやどちらかというと父のような存在だった。」



ロディック「彼(ピーター・カーター)の死の影響は?」

フェデラー「ものの見方が変わった。目が覚めた。テニス選手である事がいかに幸運なことか、また無駄な事をしてはならない事に気付いた。それから成績が上向いた。ピーターを喜ばせたいという気持ちからね。」



ロディック「振り返って何か後悔する事は?」

フェデラー「2年早く自分の能力に気付き、もっと努力すべきだったような気もする。一生懸命練習して、目的を明確にしてね。でも一方で、そんな時期も大切だったとも今になって思う。怒り、悲しみをあらわにして、プレッシャーの扱い方に苦しんだ16-22歳、この時期があったから良かった。」



今年の全米オープンでフェデラーは第7シードでの出場だった。

ロディック「今年の全米オープンでは、驚きの第7シードだったけれど、どういう印象だった?」

フェデラー「そうだね。自分の事だけに集中したよ。他人が自分の事をどう思っているのかは考えないようにした。でもバックハンドに少し苦しんでいるし、自信もやや失っていた。」

今年フェデラーは、4回戦で過去10連勝していたT・ロブレド(スペイン)にストレート負けを喫してしまった。



31歳のロディックは、32歳のフェデラーに年齢について質問した。

ロディック「年齢の問題だけど、どう思う?」

フェデラー「頑張っているよ。厳しいシーズンになっているけれどね。17歳とか19歳、21歳だと半日で回復出来るけれど、そんな日々は終わった。回復に2-5日かか事もある。大変だし、痛みを伴うプレーで楽しくない時もある。でも心・体次第だけど、体調を整えて、情熱があり、結果が伴えば、もう少しプレーを続けたいね。」


ロディックとフェデラーの対戦成績は、21勝3敗とフェデラーが圧倒的に勝ち越していた。両者の対戦は、観客がいつも盛り上がる熱戦となっていた。



■関連記事■

《【コラム】フェデラー最大の被害者となったロディック「自分がどう感じるかが重要」◇第1弾 2012引退シリーズ その3》

《ロディック「この大会で最後にすることを決断しました」◇全米オープン》

《元王者ロディックがテレビ出演決定「自分の夢の1つ」》

《ロディック「今は何をしているかって?」◇マイアミ・テニス・カップ》


■関連動画■

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》
(2013年9月30日16時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月13日

ワウリンカ 会場で練習 (18時38分)

逆転で「WTA1000」初4強 (17時22分)

「これがライブスポーツ」 (16時32分)

カレノ=ブスタ MSで3度目4強 (15時50分)

ハレプ 18歳ガウフ破り4強 (15時01分)

オジェ「重要なのは前進」 (12時40分)

セリーナ 初戦は昨年の全米女王 (11時37分)

ダニエル、マレーと今季4戦目 (10時49分)

ルード 初の4強、オジェ撃破 (10時17分)

ナダルは第2シードで出場 (9時40分)

大坂なおみ 初戦は世界45位 (8時44分)

キリオス破り初4強「満足」 (8時01分)

ナダルがシンシナティ到着 (7時11分)

8月12日

8強キリオス「つらかった」 (21時34分)

負傷モンフィス「良くない」 (18時31分)

22歳オジェ「誇りに思う」 (17時20分)

モントリオール8強出揃う (15時00分)

2013年準Vモンフィス WC獲得 (13時38分)

プロも参加 失われた「テニスを楽しむ機会」を提供するイベント (11時55分)

モンフィス 右足負傷で途中棄権 (11時22分)

ブラジル人女性初の快挙「特別」 (10時28分)

止まらないキリオスが8強入り (8時45分)

快勝オジェ 前週リベンジで8強 (8時15分)

過去2度Vのハレプ 3年ぶり8強 (7時45分)

ガウフ8強 3時間超え激闘制す (7時15分)

ルード 激闘制し2年連続の8強 (6時01分)

8月11日

2019年女王、激闘制し16強 (23時35分)

西岡良仁、敗退も「相当いい」 (22時38分)

アルカラス「世界4位の重圧」 (21時41分)

波乱 一夜でトップ3シード敗退 (16時02分)

昨年大会Vのジョルジ 16強 (15時40分)

セリーナ「さよならトロント」 (15時01分)

シフィオンテク 完勝で初戦突破 (14時23分)

キリオス「方向性明確」メド撃破 (13時57分)

ナダルらウクライナ支援マッチへ (13時14分)

錦織 サンディエゴOP出場を発表 (11時39分)

西岡良仁 オジェに屈し16強逃す (11時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェ アリアシム (7時11分)

ナダル出場「明日現地へ」 (6時57分)

アルカラス 激闘の末に初戦敗退 (6時35分)

キリオス、メド撃破で16強 (5時58分)

チチパスとルード ビッグ4と共演 (0時21分)

8月10日

WB優勝ペア撃破で初戦突破 (23時04分)

モンフィス 3カ月ぶり白星 (20時35分)

フリッツ、マレー撃破「光栄」 (18時15分)

女子国別対抗戦が有明で開催 (17時30分)

西岡「めっちゃアウェイ」 (14時31分)

ジョルジ 全米女王破り2回戦へ (12時52分)

キリオス 2回戦でメドと対戦 (11時40分)

「セリーナを見て育った」 (10時42分)

セリーナ「さよならが苦手」 (9時58分)

前週準Vの西岡、初戦突破 (9時05分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsペール (7時45分)

大坂「開始直後に痛めた」 (7時42分)

18歳ガウフ 完勝で初戦突破 (7時22分)

ベレッティーニ 完敗で初戦敗退 (6時47分)

大坂なおみ 腰負傷で途中棄権 (6時13分)

【1ポイント速報】大坂vsカネピ (4時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!