- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「日本を背負う重い舞台」乗り越えた添田豪<デビスカップ>

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦の大会3日目、重圧のかかるシングルス第2試合に登場した添田豪(日本)A・ファリャ(コロンビア)を4-6, 6-4, 6-3, 6-3の逆転で下し、日本は通算3勝2敗で見事ワールドグループ復帰を決めた。

添田豪は昨年のクロアチア戦とイスラエル戦でも2勝2敗で回ってきて、その2戦はいずれも敗れてしまう悔しい思いをしていた。

日本は大会1日目の第1試合に錦織圭(日本)がファリャに快勝した。しかし、第2試合に登場した添田豪はS・ヒラルド(コロンビア)に第5セットの第2ゲームで絶好のチャンスがありながらの敗戦を喫した。

大会2日目には錦織/ 添田豪組から杉田祐一(日本)/ 伊藤竜馬(日本)組に変更するも、J・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)に完敗を喫し、日本は1勝2敗と追い込まれていた。

そして大会3日目の最終日、錦織がヒラルドとのエース対決を制し、添田豪に望みをつないだ。

最終日の朝について、添田豪は「絶対に圭は勝つと思っていた。僕に回ってくると思っていたので、昨日から準備していた。気持ちの面では負けていなかった。」と、話した。

添田豪はファリャに第1セットを先取される嫌な流れから、第2セット以降は本来のテニスを発揮して息を吹き返した。

「これだけの人にテニスを見てもらって、日本を背負う重い舞台。今までは2−2で回ってきて勝てなかった。けど、今回は勝てた。これで負けていたら、自分の中で納得いかないところもあった。」

「今日勝った事で、自分自身が成長出来たと思う。」

逆転勝利を要因については「初日の疲れもありましたし、かなり体にきていて限界に近かった。けど、とにかく試合中は弱気になるのだけはやめようとした。自分自身が強くいれば、絶対にチャンスはあると思っていた。」と、添田豪。

「最後はこのような形で終える事が出来た。応援してくれた皆さんもドキドキしたと思います。」

日本は2011年にワールドグループ・プレーオフでインドに勝利し、ワールドグループ復帰を決めた。しかし、2012年2月に行われたワールドグループ1回戦のクロアチア戦は2−3で敗れ、同年9月にワールドグループ残留をかけたイスラエル戦では2−3で敗れたため、アジア・オセアニアゾーン1部に降格となっていた。

今年、日本は錦織が不在の中、添田豪・伊藤竜馬・杉田祐一・内山靖崇(日本)守屋宏紀(日本)が出場し、アジア・オセアニア・ゾーン1部1回戦でインドネシアに5勝0敗、さらに2回戦では韓国に3勝2敗で勝利を収め、ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)進出を果たした。

日本とコロンビア戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○-× A・ファリャ 6-3, 6-4, 6-4
・シングルス第2試合:添田豪 ×-○ S・ヒラルド 4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:杉田祐一/ 伊藤竜馬 ×-○ J・S・キャバル/ R・ファラ 1-6, 2-6, 1-6

【大会3日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○-× S・ヒラルド 6-1, 6-2, 6-4
・シングルス第2試合:添田豪 ○-× A・ファリャ 4-6, 6-4, 6-3, 6-3


■関連記事■

《男になった添田、ワールドグループ復帰「チームに助けられた」<デビスカップ>》

《悔まれるフォアのミス、添田豪チャンス逃す<デビスカップ>》

《錦織「素直にむちゃくちゃ嬉しい」<デビスカップ>》

《エース対決制した錦織「やる事はやった」、日本ワールドグループ復帰へ逆王手<デビスカップ>》

《崖っぷちの日本、錦織「笑って終えられるように」<デビスカップ>》

《1勝目あげた錦織「日本の魂を心に刻んで戦った」<デビスカップ>》


■関連動画■

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

《テクニファイバー ティプサレビッチと次世代ジュニアの交流プロジェクト その3》

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》
(2013年9月16日15時12分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月18日

死闘の末にティームV逃す (13時53分)

錦織13位 18日付世界ランク (13時11分)

失セット0で最終戦の複V (10時55分)

チチパス 最終戦初Vで有終の美 (7時15分)

チチパス最終戦初V 死闘制す (6時04分)

【1ポイント速報】ティームvsチチパス (3時05分)

デ杯 日本勢は「自信ある」 (0時03分)

11月17日

フェデラー「今シーズン満足」 (16時59分)

チチパス決勝へ「夢が叶った」 (15時28分)

元世界4位ベルディヒ引退 (11時09分)

フェデラー「素晴らしい選手」 (10時05分)

ティーム 最終戦初の決勝へ (7時30分)

フェデラー 決勝進出ならず (1時19分)

【1ポイント速報】ATP最終戦の準決勝 (1時00分)

11月16日

ジョコとナダルの敗退に驚き (15時36分)

雄叫びズベレフ 決勝T進出 (13時01分)

ナダル「苦労たくさんあった」 (12時05分)

ナダル「できる限り全てやった」 (11時44分)

ナダル 2勝1敗で予選敗退 (7時59分)

11月15日

【1ポイント速報】ATP最終戦 予選RR (19時33分)

日比野と奈良は4強ならず (19時28分)

ブライアン兄弟 全米で引退 (18時49分)

ティーム破り最終戦初勝利 (16時48分)

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!