- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

悔まれるフォアのミス、添田豪チャンス逃す<デビスカップ>

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦の大会1日目、シングルス第2試合に登場した添田豪(日本)S・ヒラルド(コロンビア)に4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6のフルセットで敗れた。この日は第1試合に登場した錦織圭(日本)がストレートで勝利したため、大会初日は1勝1敗となった。

この試合、添田豪はヒラルドに25本のサービスエースを決められ、自身のサービスゲームでは6度のブレークを許してしまい、3時間24分で敗れた。

勝敗がかかるファイナルセットの第2ゲームで勝敗と決定づけるポイントがあった。それは、ブレークポイントを握った添田豪にチャンスボースがめぐってくるが、それをミスしてしまった。

これでヒラルドに勢いを与えてしまった添田豪は、このセットだけで3度ブレークされた。あのフォアハンドのショットを決めてブレークしていた場合、勝敗が変わっていたかもしれない。

添田豪とヒラルドは今年のハイネケン・オープン1回戦でも対戦し、その時もヒラルドが勝利していた。

今年、添田豪は全豪オープンで2回戦へ進出。その後は不調に陥り、全仏オープンでは初戦で姿を消した。以降も調子は上がらなかったが、予選から出場したウィンブルドンでは本戦1回戦で勝利し、復活を印象付けた。さらに全米オープンでも予選3試合を勝ち抜き、本戦1回戦でM・バグダティス(キプロス)と互角の打ち合いを披露した。

明日9月14日(土)はダブルスが行われ、錦織/ 添田豪組とJ・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)組が対戦する予定。

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利することとなる。

一方、添田豪に勝利した25歳のヒラルドはこれまでツアー大会で優勝を飾った事がなく、2012年7月には世界ランキングで自己最高の39位を記録している。

日本とコロンビア戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○-× A・ファリャ(コロンビア) 6-3, 6-4, 6-4
・シングルス第2試合:添田豪 ×-○ S・ヒラルド 4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:錦織圭/ 添田豪 vs. J・S・キャバル/ R・ファラ

【大会3日目】
・シングルス第1試合:錦織圭  vs. S・ヒラルド
・シングルス第2試合:添田豪 vs. A・ファリャ


■関連記事■

《1勝目あげた錦織「日本の魂を心に刻んで戦った」<デビスカップ>》

《添田豪、疑惑の判定に泣く<全米オープン>》

《日本のエース錦織圭「爆発したい」<デビスカップ>》

《錦織圭「悔しい思いがある」、添田豪「その気持ちをぶつけたい」<WOWOWインタビュー>》

《添田豪「目指すところはまだ先」◇デビスカップ》

《錦織圭、五輪開催が東京に喜び「楽しみです」<東京オリンピック>》

(2013年9月13日19時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!