- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

崖っぷちの日本、錦織「笑って終えられるように」<デビスカップ>

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦の大会2日目、ダブルスに登場した杉田祐一(日本)/ 伊藤竜馬(日本)組はJ・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)組に1-6, 2-6, 1-6のストレートで敗れたため、日本は通算1勝2敗と崖っぷちに追い込まれた。

この日行われたダブルスでは杉田祐一/ 伊藤竜馬組がキャバル/ ファラ組に対し、力の差を見せ付けられる完敗を喫した。最後はそれを象徴するように、杉田祐一がダブルフォルトを犯して1時間27分でゲームセットとなった。

試合後、監督の植田実氏は「ダブルスは完敗でした。基本的なリターンとサービスの正確さが、このスコアとなった。」と、コメント。

「デビスカップは5試合のうち3試合を取る事が勝者になりますので、明日の2試合は落とせない。精一杯の戦いを皆さんの前でやりたい。」

当初の予定では、錦織圭(日本)添田豪(日本)が出場する予定だったが、杉田祐一と伊藤竜馬が代わりに出場する事となった。錦織と添田豪は、昨年のロンドンオリンピック1回戦で2008年北京オリンピックで金メダルを獲得したR・フェデラー(スイス)/ S・ワウリンカ(スイス)組から第1セットを先取する活躍をみせていた。

ダブルスのペアを変更した事については「どちらで出ても良かったのですが、明日のシングルスがかなりキーポイントになる事もあった。杉田と伊藤がここに来るまで良かったので、面白いダブルスが出来るのではないかと我々は思っていた。トリッキーで変則的な動きで相手を追い込めるのではないかと思った。」と、植田実氏。

「相手のペアは百戦錬磨でやってきてますし、どのペアを組んだとしても彼らを破るにはタフな戦いになるというのは思っていた。今日は仕方ないと思っている。」

今大会1日目はシングルス2試合が行われ、錦織がA・ファリャ(コロンビア)に完勝したが、添田豪はS・ヒラルド(コロンビア)にフルセットの末に敗れた。

明日9月15日(日)はシングルス2試合が行われ、日本からは錦織と添田豪が登場する予定。

前日に勝利した錦織は、試合後「プレッシャーはありました。けど、ワクワク感もあった。厳しい戦いになると思うので、1つも気が抜けない試合。最終日まできっちり戦って、笑って終えられるようにしたい。」と、コメントしていた。

日本は錦織と添田豪のシングルスで2勝しなければワールドグループ復帰とはならない状況に追い込まれたため、9月15日(日)のシングルス2試合に大きな期待がかかる。

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利する事となる。

日本とコロンビア戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○-× A・ファリャ 6-3, 6-4, 6-4
・シングルス第2試合:添田豪 ×-○ S・ヒラルド 4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:杉田祐一/ 伊藤竜馬 ×-○ J・S・キャバル/ R・ファラ 1-6, 2-6,1-6

【大会3日目】
・シングルス第1試合:錦織圭  vs. S・ヒラルド
・シングルス第2試合:添田豪 vs. A・ファリャ


■関連記事■

《1勝目あげた錦織「日本の魂を心に刻んで戦った」<デビスカップ>》

《悔まれるフォアのミス、添田豪チャンス逃す<デビスカップ>》

《完敗、杉田祐一/伊藤竜馬組は流れ掴めず<デビスカップ>》

《日本のエース錦織圭「爆発したい」<デビスカップ>》

《錦織圭「悔しい思いがある」、添田豪「その気持ちをぶつけたい」<WOWOWインタビュー>》

《錦織圭、五輪開催が東京に喜び「楽しみです」<東京オリンピック>》
(2013年9月14日15時48分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月18日

キリオス「休養の時間だ」 (23時46分)

日本代表監督に添田、杉山 (21時27分)

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!