- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーがアガシとの2戦、さらにGS初優勝語る<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)に第7シードで出場しており、2004年から2008年まで5連覇を果たしたR・フェデラー(スイス)が、大会の思い出について語った。

32歳のフェデラーは、全米オープンでA・アガシ(アメリカ)との2戦が印象深いと話す。

「1つ目は、連覇のかかった2005年の決勝戦。あの時アガシは引退すると噂されていたから、会場が地元アガシを応援して完全アウェー状態だった。」

2004年の全米オープンで大会初優勝を飾ったフェデラーは、2005年には2年連続で決勝進出。決勝でアガシと対戦し、6-3, 2-6, 7-6 (7-1), 6-1で大会2連覇を達成した。

そして、フェデラーが2つ目にあげたのは初優勝した2004年の準々決勝だった。フェデラーはアガシと対戦するも、その時は2日がかりに及んだ激闘に加え、2日目には強風が吹き荒れる中での試合となった。

「2004年の準々決勝は2日がかりの試合で、2日目はとんでもない強風だった。だからアガシとの2試合は、いずれもメンタルの強さを試されるものだった。強烈なプレッシャーや悪条件の中でも、自分をコントロール出来たのは自信になった。」

「若い頃は、優勝しても次の大会ですぐに負けたりしていた。常に安定した力を出す事が課題だった。その時は練習・試合・記者会見などを疎かにする事があった。」

「王者になるための条件を、まだ知らなかった。」

また、フェデラーはグランドスラム初優勝を飾った2003年のウィンブルドン時についても語った。当時フェデラーは、同年の全仏オープンでL・オルナ(ペルー)に6-7 (6-8), 2-6, 6-7 (3-7)のストレートで敗れる波乱に見舞われていた。

「全仏1回戦で負けた時、自分のテニスを完全に見失った。その危機感から全ての瞬間を全力で努力するようになった。」

「そして、ウィンブルドンで優勝した事で自分は変わった。あの年を境に、安定した力を出せるようになった。」

今年フェデラーは、7度の優勝を誇るウィンブルドンで2回戦敗退の大番狂わせに見舞われ、その後のクレー2大会でも格下に敗れるなど、不調と囁かれていた。

その後、昨年優勝を飾ったW&Sマスターズでは準々決勝でライバルであるR・ナダル(スペイン)と対戦し、第1セットを取るも逆転負けを喫した。加えて大会後に発表された世界ランキングでは、2003年2月以来、約10年ぶりにトップ5から転落し7位に後退した。

しかし、敗戦後の会見では「今までの3カ月以上のものを得る事が出来た。だから(敗れてしまったけど)、試合の内容には満足しているし、全米オープンに向けて良い準備になったと思う。」と、確かな手応えを感じていた。

今大会で第7シードのフェデラーは、1・2・3回戦でいずれもストレートで勝利する好調さをみせている。また上位シード勢が勝ち進んだ場合、フェデラーは準々決勝でナダルと大会初対戦する可能性がある。

大会6度目のタイトルを獲得と完全復活に期待がかかるフェデラーは、今もテニスに対する情熱は失わず、大きな注目を集めている。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《完全復活狙うフェデラー、初戦は1時間33分<全米オープン>》

《ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《フェデラー、ラケット問題に結論「試していただけ」<W&Sマスターズ>》

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》


■関連動画■

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

(2013年9月2日18時32分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月22日

英が熱戦制しカザフスタン撃破 (12時53分)

元1位ケルバー 新コーチ招へい (11時28分)

独が首位通過「本当に楽しい」 (10時32分)

デ杯8強出揃う カナダは4強 (8時29分)

バイン氏 19歳新星のコーチに (7時45分)

11月21日

ジョコ快勝 セルビア決勝Tへ (22時46分)

チリで6年ぶりATPツアー開催へ (18時16分)

来季のヒューストン出場が決定 (17時24分)

イタリア 2連敗で敗退が決定 (15時33分)

ナダルら西が決勝Tへ「幸せ」 (13時30分)

ズベレフがフェデラーに勝利 (12時03分)

西岡良仁「多くの経験できた」 (11時16分)

豪が決勝Tへ 4強かけカナダ戦 (10時46分)

マレー 死闘制しオランダ撃破 (10時29分)

ドイツがアルゼンチン撃破 (9時26分)

ジョコ完勝 西岡良仁を称賛 (7時35分)

日本 セルビアに0勝3敗 (0時37分)

11月20日

日本 デ杯敗退が決定 (22時09分)

【1ポイント速報】日本vsセルビア (20時34分)

杉田は完敗、デ杯セルビア戦 (20時28分)

日本がセルビア戦へ最終調整 (18時23分)

キリオス自信「僕らは勝てる」 (16時16分)

アルゼンチンが圧勝スタート (14時57分)

カザフスタンがオランダ撃破 (13時31分)

錦織 術後初のラケット動画 (11時38分)

ナダルらスペイン白星発進 (10時55分)

日本は仏に惜敗 セルビア戦へ (3時24分)

日本 強豪の仏に健闘も黒星 (1時22分)

11月19日

西岡 世界10位モンフィス破る (21時55分)

【1ポイント速報】日本vsフランス (18時45分)

ジョコ デ杯「成功できる」 (16時21分)

ゴファンら活躍 ベルギー初戦白星 (14時39分)

激闘制し 伊を撃破「うれしい」 (12時16分)

準Vティーム 自己最高位タイへ (11時08分)

ナダル、マレーら 会場で練習 (8時51分)

デ杯開幕 ロシアが前年V破る (8時47分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!