- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国枝慎吾組が優勝、今後は「全米オープンの単複優勝する事」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は7日、車いすテニスの男子ダブルス決勝が行われ、第1シードの国枝慎吾(日本)/ S・ウデ(フランス)組が第2シードのF・カッタネオ(フランス)/ R・ヴィンク(オランダ)組を6-4, 6-2のストレートで下し、国枝慎吾は2度目の優勝と同時に、2006年に斎田悟司(日本)とのペアで優勝した時以来7年ぶりのタイトル獲得となった。

この試合、国枝慎吾/ S・ウデ組はファーストサーブが入った時に79パーセントの確率でポイントを獲得、さらにカッタネオ/ ヴィンク組のサービスゲームを5度ブレークし、1時間12分で優勝を決めた。

今後について、国枝慎吾は「全米オープンでのシングルス・ダブルスの両方で優勝する事が、今年の残された目標。そこは、きっちり締めたいと思います。」と、意気込みを語った。

錦織圭(日本)N・ジョコビッチ(セルビア)と同じくユニクロと所属契約している国枝慎吾は、以下の声明を発表。

「伝統のあるウィンブルドン選手権で優勝でき、大変嬉しく思います。支えてくださったファンの方々に心から感謝申し上げます。これからもユニクロのウエアを着て勝ち進み、世界1位を保持できるように頑張ります。」

今年に入り国枝慎吾は、全豪オープンで単複2冠達成、その後の全仏オープンではシングルスでウデに接戦の末に敗れ準優勝に終わるも、ウデとのダブルスでは大会4連覇と同時に5度目の優勝を果たした。

■関連記事■

《第1シードの国枝慎吾組が決勝へ、7年ぶりのタイトルまであと1勝<ウィンブルドン>》

《国枝慎吾が4連覇達成、単の悔しさ複で晴らす<全仏オープン>》

《国枝慎吾は2年連続で涙<全仏オープン>》

《金メダリストの国枝慎吾が単複決勝進出<全仏オープン>》

《国枝慎吾が6度目の優勝、単複V達成◇全豪オープン》

《国枝慎吾、ダブルスで2年ぶり7度目の優勝◇全豪オープン》

《国枝慎吾が1時間24分で金メダル獲得◇ロンドンパラリンピック》
(2013年7月8日17時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!