- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国枝慎吾が6度目の優勝、単複V達成◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)車いすテニスの男子シングルス決勝が行われ、第2シードの国枝慎吾(日本)が第1シードのS・ウデに6-2, 6-0のストレートで勝利、今大会2年ぶりの優勝と同時に大会6度目の優勝を果たした。国枝慎吾は、今大会2007年から2011年までの5連覇を達成していた。また、昨日のダブルスでは2年ぶり大会7度目の優勝を果たしていた。昨年国枝慎吾は、怪我のため今大会を欠場していた。

この試合、国枝慎吾はウデのサービスゲームである第1ゲームでブレークすると試合の主導権を握り、その後の第3ゲームもブレークに成功、ゲームカウント3−0とリードする。しかし、第6ゲームで国枝慎吾はウデにブレークバックを許し、ゲームカウント4−2となる。

続く第7ゲームで、息を吹き返した国枝慎吾はこのセット3度目となるブレークに成功する。その後の第8ゲームで国枝慎吾は、サービング・フォー・ザ・セットをサービスキープして、このセットを先取する。

第2セットに入ると、第1ゲームでブレークする幸先良いスタートを切った国枝慎吾は、第3・第5ゲームもブレークに成功、1時間13分でウデに勝利し優勝を決めた。

両者は昨年のロンドンパラリンピック決勝でも対戦し、その時も国枝慎吾が勝利し、金メダルを獲得していた。

今大会シングルス1回戦で国枝慎吾は、S・シェファースに第1セットをタイブレークの末に奪われる苦しい展開を強いられるも、その後逆転に成功し準決勝へ進出。準決勝では、S・オルソンをストレートで下し、国枝慎吾は決勝進出を果たしていた。


■関連記事■

《国枝慎吾、ダブルスで2年ぶり7度目の優勝◇全豪オープン》

《国枝慎吾、単複ともに決勝へ◇全豪オープン》

《国枝慎吾、2年ぶりの優勝まであと1勝◇全豪オープン》

《国枝慎吾、苦しむも逆転に成功◇全豪オープン》

《国枝慎吾は第2シードで2年振りの単複制覇に挑む◇全豪オープン》

《国枝慎吾が1時間24分で金メダル獲得◇ロンドンパラリンピック》

(2013年1月26日17時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!