- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織圭は2年連続の8強ならず、世界5位に完敗◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会7日目の20日、第16シードの錦織圭(日本)は世界ランク5位で第4シードのD・フェレール(スペイン)に2-6, 1-6, 4-6のストレートで敗れ、2年連続のベスト8進出とはならなかった。錦織は、昨年の今大会で自身初となるグランドスラム8強入りを果たしていた。

昨年の今大会で錦織はS・ロバート(フランス)M・エブデン(オーストラリア)J・ベネトー(フランス)JW・ツォンガ(フランス)に勝利し、A・マレー(英国)との準々決勝まで勝ち進んだ。

錦織とフェレールは過去3度対戦し、錦織が2勝1敗と勝ち越していた。

初の対戦は2008年の全米オープン3回戦で、その時は錦織がフルセットで勝利していた。2度目は2011年の楽天ジャパン・オープン1回戦で、フェレールが錦織を下した。3度目の対戦は昨年のロンドンオリンピック3回戦で、その時は錦織がフルセットで勝利しベスト8進出、原田武一以来88年ぶりとなる快挙を成し遂げていた。

フェレールは、今年ハイネケン・オープンで大会3連覇を達成して今大会へ臨んでおり、好調を維持している。また、昨年フェレールはR・フェデラー(スイス)の6勝を上回る7つのタイトルを獲得していた。


【第1セット】

錦織は果敢に攻め続け、さらにバックハンドスライスを多用するなどでブレークポイントを握るも、フェレールの強靭なコートカバーリングからミスを重ね、ブレークを奪えない展開が続く。

その後、第4ゲームで最後ダブルフォルトを犯した錦織は、このゲームをフェレールにブレークされ、ゲームカウント1−3とする。

錦織は、第8ゲームもフェレールの安定したストローク戦に翻弄され、このゲームもブレークを許し、ゲームカウント2−6でこのセットを落とす。


【第2セット】

第2セットに入ると、世界ランク5位のフェレールに試合の主導権を握られてしまい、いきなり5ゲーム連取され、ゲームカウント0−5となる。続く第6ゲームで錦織は、このセット初めてのサービスキープをするも、ゲームカウント1−6でフェレールに奪われ、セットカウント0−2。


【第3セット】

第1ゲームで錦織はフェレールにブレークを許すも、第2ゲームでこの日12度目となるブレークチャンスを生かした錦織がブレークバックに成功、ゲームカウント1−1とする。

続く第3ゲームも錦織はブレークを許すも、フェレールのサービスゲームである第6ゲームで40−0からドライブボレーなどを決めた錦織がブレークバックに成功、ゲームカウント3−3に追いつく。

しかし、第9ゲームでゲームポイントを握るも、フェレールの粘りのあるプレーにおされた錦織はこのゲームを落とし、第10ゲームで最後錦織のボールがアウトし、ゲームセットとなった。


錦織は2セットダウンからの逆転勝ちは過去2度あり、2010年全仏オープンのS・ヒラルド(コロンビア)戦、昨年の今大会M・エブデン戦で逆転勝ちを収めていた。

フェレールは準々決勝で、第8シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)と第10シードのN・アルマグロ(スペイン)の勝者と対戦する。


【全豪オープン スコア速報】

■関連記事■

《錦織圭が世界82位を圧倒、16強入り◇全豪オープン》

《錦織圭、ベスト8の壁は世界5位フェレール◇全豪オープン》

《クルム伊達、1994年以来の16強ならず◇全豪オープン》

《フェデラーがGS通算250勝達成◇全豪オープン男子ナイトセッション総括》

《錦織圭が88年ぶりの歴史的快挙成し遂げる◇ロンドンオリンピック》

(2013年1月20日13時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月24日

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

【告知】西岡vsジョコビッチ (17時14分)

【告知】大坂vsガウフ (16時59分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

1月21日

杉田祐一「ギア上げたい」 (22時01分)

土居美咲 死闘の末に全豪敗退 (21時02分)

シャラポワ「来年分からない」 (20時10分)

内山「まだ100%ではない」 (18時20分)

杉田祐一 全豪2年ぶり初戦突破 (17時53分)

【1ポイント速報】全豪OP1回戦 (17時00分)

伊藤竜馬「ジョコ壁みたい」 (16時42分)

日比野菜緒「満足してない」 (15時57分)

ナダル圧勝 11年ぶりVへ好発進 (15時12分)

けがから復帰の内山は敗退 (14時47分)

チリッチ 快勝で初戦突破 (12時35分)

【1ポイント速報】ナダルvsデリエン (11時24分)

日比野菜緒 全豪OP初の2回戦へ (11時10分)

伊藤竜馬 7年ぶり初戦突破 (10時43分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!