- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ソデルリングがタイトル防衛に成功◇ABNアムロ世界テニス

男子テニスツアーのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、賞金総額115万ユーロ、ハード)は13日、シングルス決勝が行なわれ、ディフェンディング・チャンピオンのR・ソデルリング(スウェーデン)が第8シードのJW・ツォンガ(フランス)に6-3, 3-6, 6-3のフルセットで勝利、大会連覇を達成するとともに優勝賞金27万9500ユーロを手に入れた。

ファイナルセット第8ゲームで決定的なブレークを奪った第1シードのソデルリングは「どうやって君に勝ったのか分からないよ。僕たち両方が優勝に値すると思います。」と、ツォンガに語りかけた。

お互いにセットを分け合い突入した第3セット、ソデルリングがいきなりブレークに成功し2−0とリードを奪う。しかし、ツォンガも第5ゲームでブレークバックに成功すると、続くサービスゲームで3本連続でサービスエースを決めるなどし3−3となる。

しかし、第8ゲームでソデルリングがこのセット2度目のブレークに成功すると、続くサービスゲームで40−15とマッチポイントを迎える。ここでソデルリングはこの日12本目となるサービスエースを決めゲームセット、1時間23分で勝利となった。

世界ランク4位のソデルリングは、史上4人目となる今大会連覇となった。過去には、A・アシュ(アメリカ)S・エドバーグ(スウェーデン)、そしてN・エスクード(フランス)らが今大会でタイトル防衛に成功している。

試合を通して20本ものサービスエースを決めたものの、15ヶ月ぶりのタイトルに手が届かなかったツォンガは「自分は良いテニスをしましたが、彼のテニスを良すぎました。」と、素直に負けを認めるしかなかった。

25歳のツォンガは、2009年の楽天ジャパン・オープン以来、ツアータイトルから遠ざかっている。

(2011年2月14日10時31分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!