- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

サフィンが接戦制し2回戦へ◇BNPパリバ・マスターズ

男子テニスツアーのマスターズ・シリーズであるBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、賞金総額275万ユーロ、ハード)は9日、シングルス1回戦9試合が行なわれ、主催者推薦で出場のM・サフィン(ロシア)が、予選勝者のT・アシオンヌ(フランス)を6-4, 4-6, 7-6 (7-3)のフルセットで振り切り、2回戦に進出した。

今大会では通算3度の優勝経験がある29歳のサフィンは、今大会を最後に現役生活にピリオドを打つ。そのサフィンは2回戦で、今季のUSオープン覇者であるJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。

2000年のUSオープン覇者であるサフィンは「今の彼が自分のプレーをしたら、僕に勝つチャンスはないね。100%のファイトをするだろうけど、勝てるのかい?僕は分からないよ。」と、2回戦についてコメントをしている。

この試合でサフィンは、自らのサービスで迎えた第3セット第10ゲーム、ゲームカウント4-5から0-40とアシオンヌに3本のマッチポイントを握られるピンチとなったが、この場面を3本連続でのサービスエースで切り抜けると、タイブレークで掴んだ最初のマッチポイントを決め、今大会の通算記録を24勝4敗とした。サフィンは2000年、02年、04年の今大会でタイトルを獲得している。

この場面を振り返ってサフィンは「あれが多分、マッチポイントをしのぐのにベストな方法だね。辛くないし、コートを走り回る必要もないしね。ただ相手がミスするのを祈るだけさ。」と語っている。この試合でサフィンは、実に24本ものサービスエースを決めている。

第1セット第5ゲームでブレークに成功し、最後はバックハンドのドロップボレーで第1セットを先取したサフィンであったが、第2セットではアシオンヌに2度のブレークを許してしまい、試合はファイナルセットまでもつれていた。

元世界ランク1位で2005年の全豪オープン覇者であるサフィンの、今季の最高成績は10日前に記録したサンクトペテルブルク・オープンでの準決勝進出となっている。

試合後の会見でサフィンは「今の僕の動きはキャリアの中でもベストとはいがたいね。バッグを持って、空港に行って、車に乗って、飛行機に乗って、入国審査を受けて、またバッグを待つのは大変なことなんだ。とても重い。だから、それが終わるから嬉しいよ。」と、自らの引退についてコメントを残した。

2005年の今大会覇者であるT・ベルディフ(チェコ共和国)は、予選から勝ち上がってきた地元勢のV・ミロを6-3, 7-6 (7-4)で破り、2回戦に進出している。世界ランク247位のミロは、第2セットで5-2とリードしたものの、同20位のベルディフがそこから逆転に成功し、最後はサービスエースで試合を締めくくった。

ベルディフは2回戦で、第14シードのT・ロブレド(スペイン)と対戦する。

V・トロイキ(セルビア)P・H・マチュー(フランス)の1回戦は、トロイキが7-6 (7-4), 3-0とした場面でマチューがかかとの怪我のために棄権、そのままトロイキの勝利となり2回戦で第13シードのR・シュティエパネック(チェコ共和国)と対戦することとなった。

地元での試合を不本意な形で終えたマチューは「とても競っていて、彼に勝つチャンスがあっただけにとても残念だね。だけど、走った後に突然痛みを感じて、それ以上続けることはできなかったんだ。」と無念を語っている。

この他の試合の結果は以下の通り。

L・クボット(ポーランド) ○-× A・ベック(ドイツ), 6-4, 3-6, 6-4
J・アイズナー(アメリカ) ○-× A・ファリャ(コロンビア), 4-6, 7-6 (12-10), 7-5
I・リュビチッチ(クロアチア) ○-× S・グロージャン(フランス), 7-6 (7-2), 6-4
A・セッピ(イタリア) ○-× P・コールシュライバー(ドイツ), 6-3, 6-3
I・カルロビッチ(クロアチア) ○-× P・クエバス(ウルグアイ), 7-6 (7-3), 6-4
A・モンタネス(スペイン) ○-× V・ハネスク(ルーマニア), 3-6, 6-3, 7-6 (7-3)

今大会の優勝賞金は45万ユーロ。

(2009年11月10日12時36分)
その他のニュース

6月19日

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!